タグ:temple ( 15 ) タグの人気記事

寺猫

f0234982_23015101.jpg
July 29, 2017@長野県上田市前山寺

【read it all: つづきはコチラ】
by nandakadays | 2017-08-01 12:00 | NANDAKA | Comments(6)

伊豆ヶ岳越え[2]

f0234982_14462854.jpg
何ゆえ伊豆ヶ岳山頂に小さな大黒様が置かれているのか気になりましたが、
伊豆ヶ岳は全行程の1/4程度の場所なので、ひとまず先へと進むことにしました。

【read it all: つづきはコチラ】
by nandakadays | 2017-04-17 18:00 | TREKKING | Comments(2)

三重詣 2016秋

f0234982_16321916.jpg
at 6:00 a.m. on November 20, 2016@新東名高速道路:新静岡IC付近

【read it all: つづきはコチラ】
by nandakadays | 2016-11-22 22:00 | JOURNEY | Comments(0)

Babu de 泡の湯[前]

f0234982_14313866.jpg
May 31, 2015@長野県東筑摩郡朝日村

【read it all: つづきはコチラ】
by nandakadays | 2015-06-03 18:00 | JOURNEY | Comments(0)

三重詣 2013春[1]

f0234982_8281093.jpg
May 3, 2013@青梅街道


【read it all: つづきはコチラ】
by nandakadays | 2013-05-07 09:00 | JOURNEY | Comments(0)

日本酒の会 prologue[1]

f0234982_14394710.jpg
March 23, 2013@中野駅前

f0234982_14394059.jpg


f0234982_14395953.jpg


f0234982_14395360.jpg


f0234982_1440124.jpg


f0234982_1440662.jpg
中野駅からブロードウェイ内レコミンツ経由で新井薬師まで、独りでブラブラ歩き。
境内のにぎわいに足を止めたくなりましたが、約束の時間が迫ってきたので慌てて北へ。
(いつかは勇気を出して入ってみようと思っていた新井薬師参道入口の「やきとり金亀」が、
すっかり幌をかけられ取り壊されているのを目の当たりにし、ちとショックでありましたが)


by nandakadays | 2013-03-24 18:00 | FAVORITE | Comments(0)

三重詣[1]

f0234982_9333094.jpg
at 5:50 a.m. on November 4, 2012@中央自動車道・恵那峡SA

 ◆◆◆
昨年暮れ、三重県津市郊外に暮らす妻の祖母が、満百歳で天寿を全うし他界。
遺された妻の実家は、後継者不足などもあって、空家同然となってしまったため、
紆余曲折の末、今後は妻が管理することに…。
 ◇◇◇
とはいえ、おいそれと簡単に訪ねられる場所でもなく、しばしそのままになっておりましたが、
11月4・5日と妻が休みを取れたので、せめて空気を入れ替えねばと、一路・津へ向かうことに。
僕も運転手荷物運び・掃除係として同行することとなった次第であります。

f0234982_9332028.jpg
てなワケで、夜空にオリオン座が瞬く11月4日(日)午前2時に自宅を出発。
 ◇◇◇
ママレイド ラグ12+冨田ラボ feat.田中拡邦「アタタカイ雨」をまとめたCDを延々と流しながら、
深夜の中央高速を西へと向かいましたが、妻はまだ運転NGなので、ハンドルを握るのは僕だけ。
明け方近くになると、さすがに疲れて眠くなってきたので、BGMJanis Joplinの大爆音に替え、
無理やり眠気を追い払いながら、日の出前には、岐阜県・恵那峡SAに到着です。ひー、しんどっ。

f0234982_9334231.jpg
途中、名古屋で暮らす義母と義弟をpick upし、まずは納骨堂のある津のお寺へ直行。

f0234982_9333259.jpg
ちょうど秋法会と重なったため、そこそこの人出。それにしても立派な如来堂です。

f0234982_93354100.jpg
で、初挑戦の小倉あんトースト(汗)で軽く腹ごしらえをしてから、いざ妻の実家へ。

f0234982_9334579.jpg
由緒を詳しくは知らないのですが、何代か続く片田舎の旧家とのことで、
今も辛うじて残る立派な槙垣とくたびれた長屋門に、往時の様子が窺えます。


by nandakadays | 2012-11-06 18:00 | JOURNEY | Comments(0)

遠州之旅 2012夏[6]

f0234982_21504281.jpg


f0234982_2150582.jpg


f0234982_21505680.jpg


f0234982_21504672.jpg


f0234982_21511359.jpg


f0234982_21511139.jpg


f0234982_21512851.jpg


f0234982_21512519.jpg
珍道中・最終章は愛知との県境にほど近い方廣寺・半僧坊(ほうこうじ・はんそうぼう)なる寺院。
「また寺か」という思いもありましたが、聞けばこちらには五百羅漢が祀られているとのこと。
五百羅漢好き(なんだそりゃ)としては素通りするワケにもいかぬと、足を延ばした次第であります。
 ◇◇◇
期待どおり、顔立ちも異なる多種多様な羅漢像を愉しみつつ、急傾斜を上り詰めると、
山中とは思えぬ方廣寺の立派な本堂がドスン! さらに20分ほど山道をたどれば、
奥宮が佇んでいるとのことでしたが、この暑さのもと、先を目指す者は誰もおらず…。
半僧坊総本殿を彩る彫り物に目を奪われながら、今回の旅を締めくくりました。
 ◇◇◇
で、意地汚い我々は、義母一行を浜松駅まで送り届けてから、夕闇迫る駅界隈をウロチョロ。
ココ静岡県の志太泉や杉錦あたりのレアもの地酒を探し求め、アチコチの路地を徘徊したものの、
結局、満足ゆく品揃えの酒屋には最後まで出合えず、あえなく撃沈。
思いっきり凹みながら、すっかり陽の暮れた東名高速をとぼとぼ戻ってまいりました。【了】


by nandakadays | 2012-08-14 23:00 | JOURNEY | Comments(0)

遠州之旅 2012夏[4]

f0234982_14181639.jpg
August 8, 2012

f0234982_14174691.jpg


f0234982_14182932.jpg


f0234982_141801.jpg


f0234982_14184573.jpg


f0234982_14181664.jpg


f0234982_14185828.jpg


f0234982_14182815.jpg
一夜明けて8月7日。
お約束のロープウェイで湖上を往復してから向かったのは萬松山龍潭寺(ばんしょうざんりょうたんじ)
実はこの日も決まった予定はなく、宿のフロントで教えてもらったスポットを回ることに。
前日も寺めぐりをしたので、連日の寺づくしというのもいかがなものかとためらいましたが、
立ち寄ってみると、小堀遠州の手による名園や左甚五郎の彫り物など、なかなかの見ごたえ。
人影もまばらで、なにより石段が少なかったので、滝汗に怯えることもなく、ホッとひと息です。


by nandakadays | 2012-08-12 18:00 | JOURNEY | Comments(0)

遠州之旅 2012夏[3]

f0234982_14144812.jpg


f0234982_14142753.jpg


f0234982_1415174.jpg


f0234982_14144144.jpg


f0234982_14151690.jpg


f0234982_14145598.jpg


f0234982_14152940.jpg
遠州三山の最後を締めくくるのは萬松山可睡齋(ばんしょうさんかすいさい)
「可睡齋」なる寺号は、家康とかつての住職との故事にちなんだモノとのことなので、
フムフムと立ち寄ったところ、厳かな坐禅堂があるかと思いきや、不思議なトイレが名物など、
俗っぽさが入り混じった妙な取り合わせに、拝観するコチラも目が白黒であります。

f0234982_1415814.jpg
それぞれ趣向の異なる遠州三山をすっかり堪能してから、今宵の宿へ。
気づけば、浜名湖の向こうに陽が沈みかけておりました。


by nandakadays | 2012-08-11 18:00 | JOURNEY | Comments(0)