タグ:mountain ( 263 ) タグの人気記事

谷あり山あり[2]

f0234982_8202857.jpg


f0234982_8204494.jpg


f0234982_8205226.jpg


f0234982_821161.jpg


f0234982_821992.jpg


f0234982_821179.jpg


f0234982_8212564.jpg
April 30, 2011@乾徳山(2031m)
 ◇◇◇
早朝よく見えた富士山は、残念ながら春霞に隠れてしまいましたが、
山頂からは2年前の春に登った金峰山の五丈岩がくっきり。
アチラは、稜線上にまだまだ多くの雪が残っているようでした。

f0234982_8213293.jpg
下山後、人気のほったらかし温泉へ初潜入。
ウワサに違わぬ比類なき大眺望+ツルツルのぬる湯に、ン~満足!

乾徳山の狭い山頂で昼食を済ませ、さぁ下山!と立ちあがったとたん、
 迂闊にもつまずき、尖った岩だらけの山頂でゴロゴロと大転倒。
  ◇◇◇
 太ももを思いっきり強打し、両腕両膝も擦りむく始末で、もぉ痛いのなんの(涙)。
 周囲の冷ややかな視線を浴びつつ、足を引きずりながらどうにか下山しました。
 あぁ情けない…とほほ。


by nandakadays | 2011-05-02 09:00 | TREKKING | Comments(4)

2011春@奥利根[3]

f0234982_17542491.jpg


f0234982_17442640.jpg


f0234982_17443436.jpg
結局、小さな温泉民宿(全5室)の宿泊客は、最初から最後まで我々のみ。
聞けば、被災地から遠く離れたこの山奥でも、キャンセルが相次いでいるとか。
 ◇◇◇
おかげでというのも不謹慎ですが、今回も好きなときに好きなだけ極上の湯に浸かり、
あとは本を読んだり昼寝したり酒を飲んだりと、徹底的に腑抜けることと相成り―。
 ◇◇◇
で、最終日となる3日目も快晴。
燧と対峙する尾瀬の名峰・至仏山に見送られながら、湯の小屋をあとに。

f0234982_17444245.jpg
f0234982_17445239.jpg
f0234982_1745294.jpg
ヒヤヒヤもんだった往路とは一転、道路の雪もかなり消えたので、
自称「天下一の大露天風呂」が自慢の宝川温泉へ立ち寄り湯。
 ◇◇◇
どうにも冴えない珍妙な宿泊棟はともかく、湯量豊富な露天風呂は圧巻のスケール。
しかも、入浴客は我々も含めてわずか数人…。
オマケにしては申し訳ないほど、ぜいたくな湯浴みタイムを、しばし愉しむことに。

f0234982_2054482.jpg


f0234982_17451781.jpg


f0234982_17452489.jpg


f0234982_17453273.jpgそのまま帰途に就くつもりでしたが、
チラリと見えた谷川岳が気になり、
とりあえず近くまで行くだけのハズが、
勢いでロープウェイに乗ってしまい…。
(節電中ゆえ通常の1/3で減速運転してました)
 ◇◇◇
気づけば山腹の天神平に降り立ち、
急峻な山肌を間近に仰ぎ見たり、
くつろぐニホンカモシカを発見したり。
…いったい何やってんだか(汗)

無事帰宅後、一気に荷物を片づけてから、近所の居酒屋「闇太郎」へ直行!
 もしかすると、晴れ舞台では最後かもしれない貴重なカズダンス070.gifを、
 闇さんと一緒に、リアルタイムで歓びあうことができました。んー感激(涙)!!


by nandakadays | 2011-03-31 20:00 | JOURNEY | Comments(2)

北東北@湯めぐり日和[8]番外編

f0234982_17364214.jpg
いささか欲張りすぎかと(汗)。

f0234982_17365971.jpg


f0234982_17371035.jpg


f0234982_17372047.jpg


f0234982_17373185.jpg


f0234982_17374290.jpg


f0234982_17375182.jpg
@那須・茶臼岳(栃木県) August 24, 2010
 北東北は、はるかかなたに遠ざかってしまったので、
 あとは近くの温泉に入り、地元野菜でも買ってそそくさと帰ろうか―
 なんて考えていましたが、見上げた青空の向こうには那須連峰の稜線がくっきり。
 てなワケで、急遽登山の用意を整え、標高1915メートルの茶臼岳へいそいそ。
 登山といっても、ま、騒ぐほどのスケールではありませんでしたが、
 荒々しい山容の朝日岳、三本槍岳などが間近に望めるので、迫力は十分。
 おまけに山肌からは噴気がもぅもぅと出ていたりして、まるで北東北の延長のよう。
 このままいきなり三斗小屋温泉へ! なんて無茶はさすがにしませんでしたが、
 最終日も、またまた愉しい寄り道をしてしまいました(笑)。

f0234982_1738448.jpg


f0234982_17381313.jpg


f0234982_17382325.jpg
@那須温泉郷・北温泉(栃木県) August 24, 2010
 この日は、近所の御用邸から高貴な家柄の父娘も茶臼岳を目指すとかで、
 なんとなくザワザワした雰囲気が漂っていましたが、遭遇することもなく下山。
 汗を流すため向かったのは、鄙びっぷりでは東北の秘湯にひけをとらないコチラ。
 旅の仕上げがお馴染み「天狗の湯」というのもオツだなぁとしみじみしつつ、
 テレビ・新聞はおろか、天気予報すら見なかったのに一度も傘の出番がなかった、
 念願の北東北@湯めぐり日和を振り返りました。ん~まんぷく!

f0234982_17415548.jpg「たぶん、なんとかなるでしょ」を合言葉に、
ユルユルの予定で出かけた北東北+αの旅も
どうにかこうにか無事帰還。
知らないうちに高校野球も終わってました。
 ◇◇◇
相棒Ponko-2号は、峠道ではゼーゼー、
高速ではレッドゾーン寸前でアセアセ、
トラックにガンガンに煽られブルブル、
田舎道ではのんびりトコトコの日々でしたが、
トラブルもなく、よく頑張ったモンだと。
またユル旅を支えてくれたPonko泊も、
設営・撤収のない分、テント泊より楽!
と考えれば多少の狭さや不便さも苦にならず、
面白おかしく過ごすことができました。
 ◇◇◇    
コメントを寄せていただいた
暗箱さん、MORIHANAの姐御はじめ、
数少ない貴重なROMの皆さま、
お付き合い、ご笑覧のほど、
ありがとうございました(了)。


by nandakadays | 2010-08-31 09:00 | JOURNEY | Comments(4)