at dawn

f0234982_8412487.jpg
half timeに明けゆく空を見上げました。

f0234982_8413913.jpg
寝不足の日々はこれからが佳境かと。

f0234982_842243.jpg渕岡さんもいつも以上の
 さわやかな笑顔でした(嬉)


# by nandakadays | 2010-06-25 07:00 | DAYS | Comments(4)

お守りアラワル

f0234982_10185086.jpg
資料探してたら、ひょっこり出てきました。

 ◆◆◆
ちょうど開催期間に合わせたワケではないと思いますが、
先のW杯ネタで触れた『とことん通信』発行人の
伊藤さんからいただいた珍しいモノが偶然見つかりました。
f0234982_1019363.jpg
何かといえば写植の文字盤。
札幌の某印刷会社に勤める伊藤さんが、
「ウチの会社、写研の機械を処分するらしいから」といって、
記念に1枚手渡してくれたモノです。
 ◇◇◇
東京に戻ってからも、机の片隅に立てかけてありましたが、
いつの間にか、どこかに紛れ込んでしまい、その後行方知れず…。
ともあれ写研文字の衰退は、日本の文字文化にとって、
大きな損失であると頑なに信じる僕にとっては、
お守りのような存在だったので、今後は見失わないよう気をつけないと。
(ちなみにガラス製なので、取扱いも要注意であります)

何ゆえ妙に小難しい字が並んだ文字盤を選んだのかフシギでしたが、
 よくよく見ると、8年前札幌ドームに連れて行った長男の名前が…。
 この辺が、こだわり派の伊藤さんらしい、なんとも心憎いとこです(笑)。


# by nandakadays | 2010-06-21 11:00 | FAVORITE | Comments(2)

朝の点景 June 17, 2010

f0234982_9434517.jpg
なんとか毎朝歩いてます…雨の日を除く平日限定ですが(汗)。

f0234982_9415469.jpg


f0234982_941171.jpg


f0234982_9421017.jpg


f0234982_9423233.jpg


f0234982_9424433.jpg


f0234982_9425571.jpg


f0234982_943784.jpg


f0234982_9432365.jpg


f0234982_9435649.jpg


f0234982_9441294.jpg


f0234982_9434529.jpg


f0234982_9405455.jpg
線路下で「俺たちの旅」を想い出したりしながら、
 いつも以上に、あちこちで立ち止まっていたので、
 「ゲゲゲの女房」に間に合いませんでした(涙)。


# by nandakadays | 2010-06-17 10:00 | DAYS | Comments(2)

待っておりました。

f0234982_12483446.jpg
ところで巷では盛り上がっているのでしょうか…?

 ◆◆◆
小学生の頃、有名だったサッカー選手といえば、
ペレ、ベッケンバウアー、クライフ、それに釜本といったあたりでしょうか。
深夜というか、たぶん明け方近い時間に、W杯決勝戦を初めてTVで観たのは、
僕がまだ中学生だった1978年のアルゼンチン大会。
紙吹雪がフィールドを埋めるなか、地元マリオ・ケンペスのしょぼいシュートが、
ゴールラインを割ったときの光景を、今でも時折思い出したりしてます。
 ◇◇◇
僕自身サッカー少年でもサッカー中年でもありませんが、気づけばあれから32年!
4年ぶりに、またまたこの季節がやってきましたね。ムフフ…。
 ◇◇◇
ということで、時には眠くて朦朧としながらも、
32年もの長きに亘り、ひたすらTV観戦を続けてきましたが、
一度だけスタジアムに足を運んだのが2002年のコチラ。
かつて、フォークランド紛争の余韻が残る中で発生したマラドーナのgod hand騒動、
若きベッカムのレッドカード事件などがあり、「因縁の対決」とか騒がれたアレです。

f0234982_1324822.jpg
試合後、小樽でミニコミ『とことん通信』を発行していた伊藤さんに頼まれ、
面白がって書いた観戦記を改めて読むと、今でもあのときのコーフンが甦ってきます。
(記事画像をダブルクリックすると画面が大きくなります…おそらく)

f0234982_1361453.jpg
もちろん南アフリカへは行けませんので、今回もTVの前でコーフンの日々かと。
 気が早いのですが、決勝戦はF1イギリスGPとのダブルヘッダーになる模様でして、
 今から勝手に気合いを入れております(苦笑)。


# by nandakadays | 2010-06-11 14:00 | DAYS | Comments(4)

Ponko-2号

f0234982_965975.jpg
10年落ちのused car。とりあえずちゃんと動いてくれました(笑)。

 ◆◆◆
大安吉日の6月8日、中央線とモノレールを乗り継いで武蔵村山へ。
10日前に折衝のため訪れた町工場風の中古車屋さんへ再度出向き、
整備を済ませたsambar dias classicを受け取ってきました。

f0234982_971329.jpg
ここ数年、せっかくめぼしい山を見つけても、登山口までの公共交通機関がなく、
断念し続けていたのが購入の直接の動機ですが、あわよくば荷室で寝てしまおうかと。
これまで、sunny→carib→townaceとtoyotaのusedを乗り潰してきた僕にとって、
初subaruになりますが、軽1box特有の頼りないエンジン音が、なんとも心もとなく…。
加えて、列車旅のように移動しながら酒を飲めなくなるのが、ちと辛いところでして。

f0234982_973251.jpg格安車探しから名義変更、任意保険契約、
 車庫証明の申請、駐車場の値引交渉まで、
 ほとんどの手続きを僕が行いましたが、
 所有者はあくまで財務大臣である家人名義。
 ま、我が家の力関係を象徴してマス(汗)。
# by nandakadays | 2010-06-09 10:00 | FAVORITE | Comments(2)

青梅の季節

f0234982_16112152.jpg
アオウメの登場です。ゴシゴシ…。

 ◆◆◆
またまた自家製梅酒の仕込み時期がやってきました。
今年はいつも使っている「古城」が寒波の影響で不作とか。
てなワケで、無難ですが和歌山産の「南高梅」を購入。
以前、最初の段階で手を抜いたら、のちのちひどいことになったので、
まずは竹串でヘタの根元からきれいに取り除かなくてはなりませんが、
毎度のことながら、これがなかなかの手間で、ひと苦労しました。

f0234982_16113689.jpg
ということで、仕込んだばかりの梅酒(の素)と、
ちょうど1年経過した梅酒の顔合わせです。ジャ~ン!

f0234982_16114910.jpg今回買い足した梅酒用保存瓶に、
 以前はでかでかと表示されていた
 「日本製」の文字がなかったので、
 「ん?」と思って裏返してみたら、
 なんとトルコ製でした。何ゆえ??
# by nandakadays | 2010-06-07 17:00 | FAVORITE | Comments(0)

眩しすぎ

f0234982_13293910.jpg
ロングバイザーのお出ましなのだ。

f0234982_1329592.jpg
お気に入りのGreen in a Bottle製
capですが、あちこち変色するなど、
使い込みすぎて、すっかりへたり気味。
紫外線がやけに沁みる今日この頃、
対応を考えねば、ということで…。

f0234982_13303691.jpg
旧モデルはすでに見当たりませんでしたが、straw cap版を発見。
「どうせ送料がかかるなら」と家人もちゃっかり便乗し、3タイプが手元に到着。
にしても、ツバの長い帽子を被ると、顔が隠れてどことなく気分が落ち着くあたり、
僕の性格が歪んでいる証かと、思わなくもありませんが(苦笑)。
ところで170cm超の家人にピンクが似合うか否か、そっちも気がかりでして…。

f0234982_13304944.jpg容赦ないギラギラの日差しに
 拙庭の紫陽花も一気に色づきました。
# by nandakadays | 2010-06-03 14:00 | FAVORITE | Comments(0)

火鉢納め

f0234982_11125791.jpg
ガンガンに火熾し中。

f0234982_11133358.jpg
昨年10月の火鉢開き以来、我が家の茶の間に居座ってきた桐火鉢クン。
急に冷え込んだ昨晩、最後のくぬぎ炭を投入し、今シーズンの御役御免です。

f0234982_11134611.jpg焼き物を用意してなかったので、
 特売で購入したエリンギを並べ、
 安直に締めくくりました。
# by nandakadays | 2010-05-30 11:00 | DAYS | Comments(0)

アナログなれど

f0234982_1154842.jpg
iPad上陸。はてさて。

 ◆◆◆
このタイミングを図ってSONYも電子書籍端末事業に本格参入とか。
紙面では「活字文化云々」なんて言葉がもっともらしく躍ってます。

f0234982_11423311.jpg
昨晩は20年前の同僚高橋女史(同期で同い歳)と渋谷で深酒。
ご多分に洩れず、彼女の口から「紙の本が…」なんて話題も出ましたが、
末端の拙があたふたしたところで、どうにもならないと思っているので、
ゲラ箱で活字を組んでいた最後の世代の生き残りとしては、
今後は、アナログだけどアナクロではないあたりで棲息できればと。

女史が携わった本を2冊いただきました。
 10年以上音信不通だった時期もありましたが、
 お互いしぶとく生き延びてますのぅ(笑)。

f0234982_10102279.jpg知っておきたい映画監督100 日本映画編』
  A5判/並製本/256頁/本体価格1800円/
  キネマ旬報社(東京)/
  ISBN978-4-87376-317-5

←その昔、僕が撮った監督の顔写真が
 何点も掲載されていてビックリ仰天。
 ちなみに奥付の執筆者・スタッフリストには
 見覚えのある懐かしい名前がゾロゾロ…。
 みんな、結構しぶといです(笑)。

f0234982_10103962.jpg
←ちょうど僕の在職時に、
 写真整理のバイトでやってきた島岡くんが、
 今ではチーフ・デザイナーで頑張ってます。
 独学ながら、その努力たるや感服のひとこと。
 頭が下がります。


# by nandakadays | 2010-05-28 11:00 | NANDAKA | Comments(2)

MONDAINE

f0234982_1893018.jpg
動いたり止まったり…。

 ◆◆◆
「モンダイね」…と読むのではなく、
スイス国鉄オフィシャル鉄道ウォッチというふれこみで、
近頃ちょくちょく見かけるようになった「モンディーン」。
かれこれ7年ほど使い続けている我が相棒ですが、
洒落た赤い秒針に加え、何より見やすいのが気に入ってます。
 ◇◇◇
ところが、ここ最近、いきなり止まったかと思ったら、
不意に進みだしたりと、どうにもご機嫌ナナメのよう。
 ◇◇◇
表面のガラスをはじめ、気づけばあちこち傷だらけ。
しかも暑い夏、毎年革ベルトを交換するくらい汗まみれになってたもんで、
そろそろリタイアの潮時なのでしょうか。うーん、大きなモンダイだっ!

f0234982_189488.jpg春先に電池を交換したばかりだし、
も少し頑張ってほしいもんですが、
はてさて如何に。

我が細腕に巻いて撮影してみたところ、
 カタログ風写真になってしまいましたが、
 メーカーの回し者でございませんので、
 一応念のため。
  ◇◇◇
 ちなみに純正革ベルトは高いうえ、
 大抵取り寄せになり面倒なので、
 今は不釣り合いなゴムベルトで
 なんとか日々を凌いでおります。  


# by nandakadays | 2010-05-24 19:00 | FAVORITE | Comments(0)