<   2013年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

試し張り[2]

f0234982_17433056.jpg
ということで、混み合うエリアを避けて、NEMOTANI 2Pを試し張りしてみました。
 ◇◇◇
ちなみにNEMO(ニーモ:正しくはニーモイクイップメント社)は2002年にアメリカで設立されたメーカーとのこと。
考えてみたら21世紀になって以降、山登りの道具にはほとんど縁がなかったので、無知だったのも致し方ないかと。
日本国内では、かのイワタニ・プリムスが取扱代理店だそうです。

f0234982_17434161.jpg
で、まず広げたのはフットプリントと呼ばれる薄っぺらいグラウンドシート。
なんでも本体の布の軽量化が図られた反面、ボトム部分の強度が落ち、穴が開きやすくなったそうで、
昨今、防水性の向上も兼ねて、多くのメーカーがこのフットプリントを用意しているとのこと。
そういえば時折、かさばるブルーシートを敷いている連中もいたので、軽量化は歓迎でしょうが、
問題は別売で、しかもそこそこ値が張るのが痛い。正直、たいした素材ではない気もするのですが…。

f0234982_17434114.jpg
それはともかく、フットプリントの上に、テント本体を重ねていきます。

f0234982_1743538.jpg
本体の四隅に付いているジョイントフットプリントフックをひっかけ、外れないようにします。
それにしてもこのジョイント本体フライシートのテンションが調整できるよう、よく考えられた構造になってます。

f0234982_17435341.jpg
続いてジョイントの窪みに伸ばしたポールの先端を挿し、骨組みが立ち上がりました。

f0234982_1744537.jpg
本体に付いているクリップを、センターハブポールにひっかけていきます。

f0234982_1744671.jpg
無風下の試し張りなので、そのままでもよかったのですが、念のためペグダウンしておきました。

f0234982_17441835.jpg
てなワケで、一応テントっぽくなってきました。
僕はどちらかというと、本体の筒にポールを挿し込むスリーブ派だったので、吊り下げ式はなじみが薄いのですが、
思いのほか手早く組み立てることができ、まずはひと安心であります。

f0234982_17443062.jpg
あとは本体の上にフライシートをかぶせ、前室部分にペグを打って固定すれば完成です(張り綱は省略しました)。

f0234982_17441868.jpg
フライシートの背面上部には、換気用のベンチレーションが設けられていますが、やや頼りなさげな構造です。

f0234982_17443070.jpg
早速寝転んで、天井を見上げてみました。前室も結構広く、まずまず使い勝手がよさそうな印象です。
 ◇◇◇
あとは実際に山の上で使ってみて、風や雨への耐性や結露の具合を確かめねばなりませんが、
一番の問題は、山登りの相棒でもある妻が、半年前に負った右足首のケガがなかなか完治せず、
当面の予定が立っていないこと。今後は、こっちの経過のほうが気がかりであります。

f0234982_17444363.jpg
ま、何はともあれ、無事試し張りを終えたので、ついでに公園でランチ昼ビーを愉しんでおきました。


by nandakadays | 2013-04-29 22:00 | FAVORITE | Comments(0)

試し張り[1]

f0234982_17343128.jpg
我が家の新顔です。

f0234982_1735421.jpg
かつて拙blogで我がTENT遍歴を取り上げ、そろそろ後継テントを云々と書きましたが、
あれから早や2年半が経過。熟考の末ようやく拙宅へやってきたのが、NEMOTANI 2Pであります。
 ◇◇◇
手元に残っているのは2張で、真ん中がIBS石井スポーツの1人用UL-1、奥がラテラの2人用L-V0201ですが、
比べてみると、手前のTANI 2Pは2人用にもかからわず、小さいこと小さいこと。いやはや隔世の感しきりでして、
これまで苦労して担ぎあげていたのが、なんだか馬鹿らしくなるほどコンパクト&軽量なのであります。
 ◇◇◇
だいたいNEMO(ニーモ)なんてブランド、以前は見たことも聞いたこともありませんでしたが、
紆余曲折の末、ここにたどり着くまでの長き苦難の(?)道のりを、ちと振り返ってみようかと。

f0234982_1735336.jpgMSR ハバハバHP
2年半前にも触れた後継テントの筆頭候補でしたが、
独特のフレーム構造が広い空間を生み出す反面、風に弱いことが判明。
稜線闊歩での使用を考えていたので、やむなく見合わせることに。


f0234982_17351789.jpgアライテント ドマドームライト2
続いて検討したのが大きな前室を備えたコチラで、
ラテラL-V0201では広い前室が大活躍したこともあり、
昨年購入しようとしたところ、どこも品切れでことごとく撃沈。
今年早々に入手する予定でしたが、どうやら稜線向きではないとのこと。
うーむ。


f0234982_17351570.jpgアライテント トレックライズ2
あれこれ検討した末にドマドームライトを断念したこともあり、
同じくアライテントの定番商品であるこの辺が無難かなと思いましたが、
無難すぎて、ちと面白みが…。悩み始めて、徐々にドロ沼状態に。


f0234982_17352987.jpgプロモンテ VL34
かつてのダンロップの流れを汲んだテントだそうで、
その点では堅実な選択だろうなぁと思いつつも、
なんとなくダンロップには馴染みがなかったので、決断できず。


f0234982_23485020.jpgモンベル ステラリッジ3型
僕の初テントがモンベルムーンライトⅠでしたが、
ムーンライトとは異なるコンセプトで作られたテントだとか。
軽量のわりには広い空間を確保できそうで、心が動きましたが、
黄色のフライシートがどうにも受け入れられず、断念。


f0234982_17354323.jpgヒルバーグ アラック
懐に余裕があれば真剣に検討したかもしれませんが、1張10万円超とか。
それでも現在は在庫なしとのこと…さすがはA&Fの神通力健在です(笑)


f0234982_1736477.jpgヘリテイジ エスパース スーパーライト2-3
僕には無縁ですが、岳人の定番といえば、やっぱエスパースでしょうか。
意外にお手軽系もあるんだなと感心し、おそらく強度等も問題なしでしょうが、
なかなか現物を見る機会に恵まれず、なんとなくそのままに。


f0234982_17361831.jpgスノーピーク ラゴ2
スノーピークと聞くと、ちょっと高めのファミキャン系ブランドの印象でしたが、
山岳用テントが昨年のグッドデザイン賞を受賞したとのことで、一応チェック。
ダブルウォールでありながら、シングルウォールの軽さも兼ねた異色テントで、
一瞬「ウオッ!」と思いましたが、短辺側が出入口だったので、結局選外に。



f0234982_17361719.jpg
で、どれもこれも決定打に欠け、春を迎えても決まらないままでしたが、
もうこの辺が落とし処かと腹を決め、「エイヤッ!!」とTANI 2Pに決定。
GW前半の行楽日和でにぎわう公園へと、試し張りに出かけた次第であります。【つづく】

TANI 2P 試し張り篇
2013年4月@小金井公園
TANI 2P 実践篇
2013年6月@奥秩父:廻り目平
2013年7月@尾瀬:見晴
2013年7月@八ヶ岳:行者小屋
2013年8月@北アルプス:薬師峠
2013年8月@北アルプス:雲ノ平
2013年8月@北アルプス:黒部平
2013年10月@奥秩父:富士見平
2014年7月@北アルプス:蝶ヶ岳
→ (おまけ:同暴風篇)
2014年9月@南アルプス:千枚小屋
2014年9月@南アルプス:百間洞
2014年9月@南アルプス:聖平小屋

【追記】
エリクサー2 試し張り篇
2014年4月@小金井公園
エリクサー2 実践篇
2014年5月@奥秩父:廻り目平

【追々記】
ヌプカ2 試し張り篇
2015年5月@小金井公園
ヌプカ2 実践篇
2015年6月@奥秩父:笠取小屋
2015年8月@北アルプス:剱沢
2015年8月@北アルプス:雷鳥沢
2015年10月@奥秩父:笠取小屋
2016年5月@奥秩父:雁坂小屋
2016年8月@北アルプス:涸沢
2016年8月@北アルプス:白馬尻
2016年8月@北アルプス:天狗平
2016年10月@谷川連峰:平標山乃家
2017年6月@南アルプス:鳳凰小屋
2017年8月@北アルプス:双六池
2017年8月@北アルプス:三俣山荘
2017年8月@北アルプス:双六池
2017年8月@北アルプス:笠ヶ岳山荘

【追々々記】
カミナドーム1 試し張り篇
2016年6月@小金井公園
カミナドーム1 実践篇
2016年6月@谷川連峰:清水峠
2016年7月@北アルプス:常念乗越
2016年10月@八ヶ岳:黒百合平
2017年6月@奥秩父:甲武信小屋


by nandakadays | 2013-04-29 00:00 | FAVORITE | Comments(3)

化粧直し[1]

f0234982_18345980.jpg


f0234982_1841452.jpg


f0234982_18355272.jpg


f0234982_18463914.jpg


f0234982_18451916.jpg
夕方、野暮用を済ませて帰宅したところ、すでにこんなことになっておりました。


by nandakadays | 2013-04-27 19:00 | NANDAKA | Comments(0)

化粧直し前

f0234982_13272516.jpg
雑木林からオナガのさえずりが聴こえてきます

 ◆◆◆
本日昼前、仕事をしていたらチャイムが鳴り、顔を出すと塗装屋さんがモゾモゾ。
なんでも明日から、築20ン年の拙集合住宅の補修やら噴きつけなんかをするそうで、
足場を組み、幌をかけるとか。そうえいば、大家さんからそんな連絡があったような…。
ま、冬の大雪後の落雪で、アチコチ傷んだので、仕方ないのかもしれませんが、うーん。
 ◇◇◇
しかしまぁ、ようやく春本番を迎え、窓の外の木々がグングン色づいてきているのに、
窓外の様子をまともに見られず、窓を開けて外の空気を感じたり、
鳥の声を聴くこともできなくなるとは、なんとも殺生なことでありまして…。
しかも足場だけ組んでおいて、実際に作業を開始するのは、連休明けからとか。
で、その後2~3週間は作業がかかるとのこと。まったく、なんだかなぁ。

f0234982_13272328.jpg
交渉して、仕事場の前の窓だけは、極力視界を確保してもらうことにしましたが、
壁面に転がっているスコップやらバケツやら薪やら草刈り鎌やら軍手やら突っ張り棒やら、
とにかく邪魔になりそうなものは、すべて撤去してほしいとのこと。いやはや面倒ですなぁ。
 ◇◇◇
個人的には、「無理に補修しなくていいんじゃないのかな?」と思ったりしてますが、
集合住宅ゆえ、当方の事情にはお構いなく、足並みをそろえざるをえないのが辛いとこ。
ま、どんだけ変身するのか気にはなるので、補修前の様子をチョイとパチリ!


by nandakadays | 2013-04-25 14:00 | NANDAKA | Comments(0)

朝の点景 April 22, 2013

f0234982_95260.jpg


f0234982_95351.jpg


f0234982_951277.jpg


f0234982_951344.jpg


f0234982_952379.jpg


f0234982_952530.jpg
モグラくんたちも、ずいぶんアクティブになってきました(笑)


by nandakadays | 2013-04-22 09:00 | DAYS | Comments(0)

節目の日

f0234982_10483423.jpg
Winter of 2003@吉祥寺東町吉田荘

f0234982_10483658.jpg
本日4月21日は、小樽から吉祥寺の風呂・エアコンなしアパート吉田荘に移り住んで丸10年の節目の日。
あっという間のような気もしますが、改めて思い返してみると、案外いろんなことのあった10年だったなぁと。
自らの備忘録も兼ねて、節目の日に、この10年間のアレコレを、以下順不同で書き留めておこうかと。
 ◇◇◇
MacユーザーからWinユーザーになった。
デジカメを買った(写真3点は初代デジカメで吉田荘内を試しに撮ったモノ)
茶髪をやめた。
山歩きを再開した。
バツイチになった。
娘から1字もらい本名をいじった。
同い歳の従兄弟が自殺した。
再婚した。
極端なビール党だったのが、日本酒や焼酎を呑むようになった。
自分で梅酒をつくるようになった。
火鉢とか器に興味をもつようになった。
両国国技館で相撲を初観戦した。
初めて中国・四国地方に足を踏み入れた。
初めて沖縄に上陸した(ただし那覇空港のみ)
零細出版社の社員になった。
社長が蒸発してしまい、結局退社した。
さまざまな案件で家裁・簡裁・地裁に足を運んだ。
弁護士に頼まず(頼めず)裁判に臨んだので、訴訟に少し詳しくなった。
整骨院に通い始め、持病の腰痛がだいぶ緩和してきた。
コレステロール値が危険域に入り、投薬治療を始めた。
一時期、ひどい不眠症になった。
建替え直前に念願の大阪フェスティバルホールに潜入できた。
あいりん地区の三角公園に行った。
山下達郎LIVE@中野でミニタンバリンをキャッチした。
泉谷しげるがステージから投げたペットボトルを拾った。
軽い気持ちで応募した東京マラソンにうっかり当選してしまった。
やむなく初めてフルマラソンを走った。
長いこと検討していたレーシック手術に踏み切った。
老眼になった。
心拍数最少値が30台/分に突入した。
いつの間にか、ちょっとだけ肩幅が広くなっていた。
独自ドメインを取り、HPをつくってみた。
ISBNを取得した。
野鳥と仲良くなった。
ブログを始めた。
車に寝泊まりしながら北東北の鄙び湯をハシゴした。
東日本大震災の大きな揺れを経験した。
車に寝泊まりしながら東北の被災地を訪ねた。
吉祥寺東町から小金井公園脇に自前で引っ越した。
青息吐息ながら、どうにかこうにか書籍編集稼業にしがみついた。

f0234982_10484698.jpg
こうして改めて振り返ってみると、行き当たりばったりの我が人生を象徴するかのように、
ほとんど10年前には想定していなかったことばかり。遠い目をしたことも、いったい何度あったか。
ま、何はともあれ、どさくさまぎれに生き延びていることに、深く感謝するばかりでありまして。
 ◆◆◆
おそらくこの先10年も、今では思いもよらない事態が押し寄せてくることかと。はてさて。

思えば薄暗い吉田荘でよく聴いておりました


by nandakadays | 2013-04-21 12:00 | NANDAKA | Comments(2)

ALL TOGETHER NOW 2013

f0234982_747514.jpg
日頃よりどこかのどなたかが、GoogleやYahoo!等のキーワード経由で拙ブログに立ち寄ってくださいますが、
ここ最近の上位キーワードを見ると、「サンタカ整骨院」「海女の習俗」そして「ALL TOGETHER NOW」が。
 ◇◇◇
「サンタカ整骨院」は、当のタカ先生が「いやぁ、疲れちゃって(本人談)」とかなんとかいって、
HPやらブログやらの立ち上げをさぼっているので、どうやら拙ブログに回ってきている様子。
「海女の習俗」に関しては、いわずもがな「あまちゃん」効果の典型的なおこぼれ現象かと。
それにしても不可解なのは、なにゆえ今さら28年前のイベント「ALL TOGETHER NOW」なのか、
どうにもこうにも釈然としない気分でありまして…。

f0234982_8164210.png
気になるので調べてみたら、ありましたありました。
どうやらGWに全国の民放ラジオで、当時の秘蔵音源をOAするそうです。なるほど。
(そういえばこのイベント、日本民間放送連盟が主催でしたね)
 ◇◇◇
で、せっかく立ち寄ってくださった方を前に、こんなことを書くのもどうかと思いますが、
物珍しい点を除けば、そもそも当日はべらぼうに盛り上がったワケではないですし、
ましてや1時間弱のOAでは、さほど面白くないというか、消化不良気味だと思います、おそらく。
(とかブツブツ言いつつ、小心者なので一応エアチェックしておく予定ではありますが)
 ◇◇◇
ともあれ、見知らぬ方が貴重な時間を割いて覗いてくださるのは、ありがたいことでして<(_ _)>

画像はALL TOGETHER NOW 2013の告知サイトから拝借しました。悪しからず。


by nandakadays | 2013-04-16 12:00 | NANDAKA | Comments(0)

初BBQ

f0234982_1837392.jpg
April 14, 2013@小金井公園ユーカリ広場

f0234982_1837157.jpg
ボイル後、熾火で軽く炙るのもなかなかイイ感じでして。

f0234982_1837178.jpg
小金井公園の一角にあるユーカリ広場は、火気使用可能なBBQスペースとして開放されているのですが、
土・日曜ともなると、近隣および遠方から多くの人々が押し寄せ、かなりの大賑わい。
 ◇◇◇
そんなこともあって、週末は極力この界隈に近づかないようにしていたのですが、
今春オープンしたBBQショップに、弟分のぱんたくんを密偵(?)として送り込んだ道義的責任もあるので、
マイスター@武蔵境のソーセージと三重錦純吟を携え、束の間仕事を忘れたフリをして、いざ初潜入です。

f0234982_18372897.jpg


f0234982_18373482.jpg
思わぬ強風にもめげず、かなりの人出があるのに驚かされましたが、我々は密集度の低いエリアに陣取りのほほん。
まあ、所詮なんちゃってアウトドアな気もしますが、なにしろ飲酒運転を気にせず呑める徒歩圏内なのがウレシイ限り。
昼間から四合瓶を呑み干すのもたまらんのぅと上機嫌でいたら、うっかり酒をこぼして服やら椅子やらがびしょびしょに。
…ちと浮かれすぎたか。


by nandakadays | 2013-04-14 22:00 | DAYS | Comments(2)

苦闘中??

f0234982_8581579.jpg
この半月近く、500頁超の校正紙を前に、通常の校正作業に加えて、
「新字」「旧字」および「正字」「俗字」の使い分けをチェック中。
厄介なことに漢文や旧かなづかいなんぞも、ふんだんにちりばめられており…(汗)
 ◇◇◇
そもそも僕は、そっち方面の素養に欠けるので、チェック自体がおぼつかないのですが、
いざ漢字辞典で調べようとすると、画数の多い漢字の細部がまったく判読できず困惑気味。
やむなく、ポジフィルムチェック用に使っていたルーペを取り出して確認しているのですが、
これまた手間で、煩わしいことこの上なし。こめかみのあたりがツキーンとしてきます。
いやはや、こればっかりは否応なく加齢の悲哀を痛感している次第でありまして(涙)


by nandakadays | 2013-04-10 08:00 | NANDAKA | Comments(0)

庭おでん

f0234982_18392687.jpg
at 6:00 p.m. on April 7, 2013

 ◆◆◆
日中吹き荒れた風も収まりかけてきたので、この前まで野鳥用餌台を吊るしていた枝に、
ガスランタンをひょいとかけ、春の夕暮れを楽しんでみようかと。

f0234982_18393239.jpg
余った大根を使うため作ってあった、季節外れのゴッタ煮おでんを、急遽庭に持ち出したりして。
(かつて大笑いした鶴太郎の激熱おでん芸、久しぶりに観たくなりました

f0234982_18393796.jpg
なんとなく宴気分になってきたので、呑みかけの志太泉@静岡を投入。んまいっ!
 ◇◇◇
さすがにグングン冷えてきたので、途中から芋焼酎お湯割りに切り替えましたが、
陽気に誘われ、この先気まぐれなお愉しみが増えそーな予感であります…ムフフ。


by nandakadays | 2013-04-09 08:00 | FAVORITE | Comments(0)