<   2013年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

戯れすぎ??


February 26, 2013@小金井公園内サンクチュアリ (FULL HD:最後に小さく溜息付

f0234982_14403022.jpg






散歩の途中ヤマガラくんたちに遊んでもらっております、たはは。
(不慣れなYouTubeへのUPのほうが難儀しました…汗)


by nandakadays | 2013-02-27 00:00 | NANDAKA | Comments(4)

What's Exergy?

f0234982_8382150.jpg
滄浪泉園をあとにし、隣接地のコチラへトコトコ。

f0234982_8383758.jpg


f0234982_8383520.jpg


f0234982_8385049.jpg


f0234982_8384769.jpg


f0234982_839259.jpg


f0234982_83904.jpg
僕は元来知り合いを増やそうという欲が希薄で、1日中誰と話さなくてもまったく苦痛ではないのですが、
ひょんな縁で顔見知りになった同い年のイシイさんと、武蔵小金井駅北口のD国屋でショボ呑みしていると、
どんな流れだったか、「エクセルギーという言葉があって、それを普及させられないかと思ってるんだけど」
なんて話になりまして…。
 ◇◇◇
でまあ、結局詳しいことはよく分からなかったのですが、滄浪泉園脇に「エクセルギーハウス」なる、
東京都や小金井市が関わった施設が建っているというので、ともかく出かけてみた次第でありまして。

f0234982_8391539.jpg


f0234982_8391243.jpg
ふだんは市内のNPO法人で働いているイシイさんですが、隔週土曜日のみ、ご夫婦そろってハウス内のカフェで、
コーヒーやランチを出しているというので、僕らもこちらでしばし一服。心地よい午後のひとときを過ごしてきました。


by nandakadays | 2013-02-26 09:00 | DAYS | Comments(0)

泉湧く場所

f0234982_1945013.jpg
February 23, 2013@滄浪泉園(そうろうせんえん)

f0234982_1945687.jpg


f0234982_195279.jpg


f0234982_195850.jpg


f0234982_195165.jpg


f0234982_1952330.jpg


f0234982_1953077.jpg


f0234982_1953995.jpg
野暮用の前に、小金井の市街地からほど近い滄浪泉園へ寄り道。
 ◇◇◇
100円払って初めて足を踏み入れてみると、国分寺崖線(はけ)の傾斜を利用した庭園が広がり、
その先には湧水を集めた池もひょっこり。フーム、こんな場所にこんな自然が残されていたとは…。
 ◇◇◇
正直なところ、まったく期待せず訪ねただけに、なんだか儲けた気分でのほほんと歩いてきました。


by nandakadays | 2013-02-23 20:00 | DAYS | Comments(0)

好物拝受

f0234982_657981.jpg
昨年暮れ、たこ焼きパーティ@暗箱師匠宅のお誘いをいただいたので、
ママチャリのカゴに旭菊[綾花]@福岡を忍ばせ、寒風のなかをいそいそ。
 ◇◇◇
大阪出身の暗箱師匠の手による本場たこ焼きを、ぬる燗を手にハフハフモグモグしていると、
どういう話の流れだったか、海女さんの姿を集めたモノクロ写真集を拝見することに。
(今にして思えば、岩瀬禎之写真集『海女の群像 千葉・岩和田【1931-1964】』だったかと)
 ◇◇◇
で、ハフハフモグモグするのをやめ、海女たちの健康的な裸体や底抜けの笑顔に、
しばし観入っておりましたが、僕以上に食い入るように観ていたのが妻のほう。
かつて民俗学の研究者を志していた頃の血が騒ぎ出したのか、
「大好物」とヨダレを垂らさんばかりに、酔眼でじっくりとページをめくっておりました。

f0234982_6571953.jpg
そんな物欲しげな姿が印象深かったのか、暗箱師匠が装幀・本文レイアウト等もろもろを手がけた続編を、
なんと拙宅にわざわざ郵送くださったので、アチチなフワフワたこ焼きの味を思い出しつつ、
初々しくも力強い海女たちの姿を、思う存分拝見している今日この頃でして…(これぞダブル垂涎かと)。
 ◇◇◇
でまあ、海女さんや写真のことを知らない僕が、とってつけたように知ったかぶりするのも気が引けるので、
興味のある方は(今はない方も)、詳しくは暗箱夜話をご覧いただければと。何卒よしなに。

 ◆◆◆
『海女の群像・続編 海女の習俗 千葉・岩和田【1931-1964】』
  岩瀬禎之撮影・著/B4変型判/上製本/144頁/本体価格5800円/
  彩流社(東京) /ISBN978-4-7791-1827-1


by nandakadays | 2013-02-21 09:00 | FAVORITE | Comments(2)

激突!

f0234982_8534840.jpg
かなりの衝撃でした…。

f0234982_854338.jpg
日頃の餌やりの甲斐あって、今では拙宅の庭には、すっかり野鳥たちが立ち寄るようになり、
それを見ていたお隣のエリカちゃん宅でも鳥を呼び寄せ、野鳥の輪がジワジワ広まりつつありますが、
ふだん2階の仕事場にいることが多く、窓外から野鳥たちの声はすれども、姿を見られないのが残念。
 ◇◇◇
てなワケで昨日、小雪の舞うなか拾ってきた小枝を仕事場の前にくくりつけ、脂身を挿しておいたところ、
ほどなくしてヤマガラやメジロが姿を見せるようになり(臆病なシジュウカラは慌てて逃げてしまいますが)、
すぐ目の前で愛くるしい様子を見せてくれていたのですが…。
 ◇◇◇
一夜明け、「おぉ、今朝も来ているなぁ」なんて喜んでいたところ、立て続けに3度も鳥が窓にぶつかり、
大きな衝突音とともに、どこかへ飛び去っていきました(居合わせたヤマガラはキョトンとしていましたが)。
これまでにも、時折鳥が窓に激突することはありましたが、こうも続くと対策を考えないと…うーむ。

 ◆◆◆
妻から「野鳥ネタはほどほどに」と釘を刺されておりますが、あまりの出来事につ、つい…(汗)


by nandakadays | 2013-02-20 09:00 | NANDAKA | Comments(2)

観梅

f0234982_9383212.jpg
February 17, 2013@小金井公園内梅林

 ◆◆◆
小金井公園では2月16日~24日の間、「第11回うめまつり」なるイベントが開催中。
この冬は寒い日が多いので、まだ花は咲いていないだろうと思いつつ、陽気に誘われいそいそ。

f0234982_9383548.jpg


f0234982_9384663.jpg


f0234982_9385363.jpg


f0234982_939489.jpg


f0234982_939782.jpg


f0234982_9391871.jpg
案の定、まだまだつぼみが目立ち、見頃にはほど遠い状態でしたが、
来園者を迎えてくれる健気な花たちもチラホラおりまして。


by nandakadays | 2013-02-18 12:00 | DAYS | Comments(0)

kichi呑み

f0234982_15201945.jpg
February 16, 2013@吉祥寺

 ◆◆◆
チャップマン・スティックの重層的な音色が、凍てつく街に響き渡っておりました。

f0234982_1520238.jpg
おいしい煮魚が食べたくなり、吉祥寺のS魚屋さんへ今年初見参です。

f0234982_15203395.jpg
あまりの寒風にめげて、1軒で退散寸前でしたが、おなじみFirst CIRCLEへとハシゴ呑み。
こちらでの本年1杯目は、冬空に似合うシメイ・レッドをチビチビ舐めることに。

f0234982_1520372.jpg
んー、X10クンまでほろ酔い気味のようです。


by nandakadays | 2013-02-17 16:00 | NANDAKA | Comments(2)

Re: nishi-en

f0234982_1716282.jpg
February 10, 2013@井の頭公園

 ◆◆◆
三連休中、とりたてて予定もなく、近所にイイあんばいの大衆酒場を見つけて喜んでいるのが関の山。
唯一の遠出?といえば、吉祥寺へ出かけたついでに、井の頭公園に足を延ばしたくらいでして。

f0234982_17161194.jpg


f0234982_17162211.jpg


f0234982_17163951.jpg
公園池界隈の喧騒を避けるように御殿山の雑木林へ。
頭上からは、以前は気にも留めなかった野鳥のさえずりが降り注ぐように聞こえてきます

f0234982_17164712.jpg
その足で玉川上水沿いへ。

f0234982_1717041.jpg
見上げた先では葉っぱがキラキラしていたり。

f0234982_17165277.jpg
拙宅でもすっかりおなじみヤマガラくんが姿を現したり。

f0234982_17171785.jpg
そうこうしているうちに、1年前には初マラソンを控えて日参していた西園に到着。
 ◇◇◇
必死になって汗を流していた凸凹なトラックの様子は、ほとんど変わっておりませんでしたが、
隣接のプール跡はすっかり更地になり、野球場予定地には子供の遊び場ができあがっていたりして、
ちょっとした浦島太郎気分に。

f0234982_1717519.jpg
ちなみに玉川上水とトラックの間には、以前と変わらぬこんな一角も…。
 ◇◇◇
1年前、本番を前に走り込みをしていたころは、早朝からこのあたりに集う面々を横目にしながら、
「寒空のもと、双眼鏡や超望遠レンズを持ち歩いて、何が面白いんだろう」と半ば呆れておりましたが、
今では、当時まったく耳に入ってこなかった鳥たちの声やけたたましいアオゲラのドラミングの音が、
妙に心地よく感じるようになるとは、自らの豹変ぶりに驚くばかりで…いやはや(汗)

f0234982_17172433.jpg
そんなこんなで慣れ親しんだ場所ながら、意外な発見も多く、なかなかいい空間だなぁと再認識した次第でして。


by nandakadays | 2013-02-11 18:00 | STROLL | Comments(0)

two year winter

f0234982_7354776.jpg
いつもより、ちょっぴり寝坊できる土曜朝のお愉しみといえばNHK-FM「WEEKEND SUNSHINE」。
ピーター・バラカン氏の朴訥とした喋りと、そのときどきに流れてくる曲に、ぼんやり耳を傾けておりますが、
たしか昨年後半だったか、イントロのピアノと哀愁漂う歌声に「んんんっ!」と一気に目が覚めたのが、
イギリスの女性歌手Bill Jonesによる『two year winter』
バラカン氏曰く、「two year winter」なる表現は英語にないらしく、「2年分の冬」の意味だろうとのこと。
そもそもBill Jonesという名前が女性らしくなく、最初は男性歌手と思っていたとか。フムフム。
 ◇◇◇
で、早速調べてみると、2003年に発売された同名アルバムの1曲ということが判明しましたが、
中古CD市場では2000円とか、なかには5000円とかぼったくりまがいのものまで…ウムム。
 ◇◇◇
そこで、打合せで都心に出かける機会があると、いそいそセコハン屋に立ち寄り、
不慣れな「British Traditional / Fork」なんて棚を覗いていたのですが、まったくかすりもせず、
「コレは長丁場になるかも」と覚悟していたところ、amazonに1000円で出品されているのを発見!!
状態も悪くなさそうで、しかも初回限定シングル4曲付きの2枚組らしいので、迷うことなくポチッ。


で、昨日届いたCDをひと通り聴いてみると、「これがトラッド・ソングね」という曲も含まれていて、
玉石混交という印象も否めないのですが、ま、全体としてはお買い得だったかな、と。
 ◇◇◇
ちなみに同封の解説によれば、「年を跨ぐ冬の意」とあり、しかも来日した折に曲を書き上げたそう。
どうりで悲哀がヒシヒシと伝わってくるわけですなぁ…なんて知ったかぶりをしたりして。


by nandakadays | 2013-02-08 09:00 | FAVORITE | Comments(0)

積雪NOW

f0234982_8541942.jpg
at 8:30 a.m. on February 6, 2013@小金井

 ◆◆◆
いつもどおり朝5時半に起きたときは、ほとんど雪は降っておりませんでしたが、
明るくなるにつれて、冷たい雨が徐々に雪へと変わり、あたりはすっかり銀世界に…。
 ◇◇◇
大雪に備えて、念のため昨晩から餌台を外しておりましたが、
おなじみの鳥たちが今朝も顔を出し、「アレレ??」とキョロキョロしているので、
枝にかけてあげた途端、小さな屋根はあっという間に雪に覆われてしまいました。


by nandakadays | 2013-02-06 09:00 | NANDAKA | Comments(2)