<   2012年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

in preparation

f0234982_16393275.jpg
September 28, 2012

f0234982_16403129.jpg


f0234982_16403928.jpg


f0234982_16404713.jpg


f0234982_16405619.jpg


f0234982_1641568.jpg


f0234982_16411479.jpg


f0234982_16412327.jpg


f0234982_16413073.jpg
9月29・30日、小金井公園内江戸東京たてもの園前の広場において、
「小金井お月見のつどい」なる催しが開かれるとの情報が!(なんでも今年で45回目とか)
 ◇◇◇
「今ごろ前日の準備で盛り上がっているのかな?」と会場に足を運んでみると、
関係者の姿はほとんど見当たらず、曇天も相まってかなり淋しげ…。
あまりうまくない尺八で奏でられる「旅姿三人男」だけが虚しく響き渡っておりました。


by nandakadays | 2012-09-28 18:00 | NANDAKA | Comments(0)

OPUS

f0234982_149196.jpg
本日、Amazonから毎度おなじみ過剰包装にて届きました。

f0234982_149579.jpg
てなワケで、タツローさんのベスト盤「OPUS ALL TIME BEST 1975-2012」でありまして、
Sugar Babe活動期から現在までの曲を集めた3枚+初回盤限定ボーナスディスク:全55曲入りです。
「なんであの曲があるのに、こっちが入っていないんだろう?」というありがちなボヤキはさておき、
「PAPER DOLL」「スプリンクラー」が入っているんで、ひとまずいいことにしておきます。
ま、本当はベスト盤ではなく、ライブソースを集めた「JOY 2」のほうが断然よかったんですけどね。
 ◇◇◇
で、全部聴いていると時間がかかるので、まずはレアものを集めたボーナスディスクからフムフム
(どさくさに紛れてJUNK FUJIYAMAのCDも買いそうになりましたが、今回はグッとガマンです)

f0234982_1491426.jpg
んでもって、こちらも本日発売「ぴあ」Special Issueの表紙…不気味さも含めて、及川正通ワールド全開ですな(笑)

f0234982_14314561.jpg
上掲「ぴあ」の誌面にあった資料写真ですが、僕らの世代にとっての原点といえば、やっぱこのCMかと。
ま、「RIDE ON TIME」のLPを下駄箱の上に飾っている化石系中年は僕ぐらいかもしれませんが。

f0234982_14513252.jpg
とまあ、調子こいて浮かれていたのも束の間、本日抽選の東京マラソン2013はあえなく撃沈!
さすがに無欲でうっかり当選してしまった前年の再現とはいかなかったようでして…とほほ(涙)
 ◇◇◇
追記:高校陸上部の元マドンナO嬢は、今回もまたまたまた涙を呑んだとか。
   「はたして連続落選記録を何年更新するのやら」とボヤいておりました。


by nandakadays | 2012-09-26 15:00 | FAVORITE | Comments(0)

forenoon

f0234982_14501349.jpg
September 24, 2012

f0234982_14501992.jpg


f0234982_145027100.jpg


f0234982_14503376.jpg


f0234982_14503993.jpg
前日降り続いた雨から一転、朝から清々しい青空が広がり、気分も爽快…ただし宿酔い中。

f0234982_14504613.jpg
昨晩は、拙ブログでも時折触れてきた「なまらや@小樽」のギタロー+ガンコ(通称ギタガン)と三鷹台のはずれのイタリアンへ。
なんでも、ギタローが以前東京で働いていたときの同僚が店を開いたので、
東京での用事がてら顔を出したそうで、我々もちゃっかり同席した次第であります。
しこたま飲み食いしてから、拙宅に場所を移して深夜まで痛飲。数えたら、ワインだけで合計4本も空けたそうな…テテテッ。
 ◇◇◇
おみやげにいただいたのが自家製ベーコンやパンチェッタ、砂肝の燻製、それにイラストレーターでもあるガンコの4コマ漫画集。
どちらもじっくり噛みしめながら、コソコソっと味わうようにいたします(笑)


by nandakadays | 2012-09-24 15:00 | DAYS | Comments(2)

夕景漂泊 September 21, 2012

f0234982_1832434.jpg


f0234982_18325744.jpg


f0234982_18325959.jpg


f0234982_18331254.jpg


f0234982_18331557.jpg


f0234982_18332874.jpg


f0234982_1833328.jpg
どうにも不安定な空模様の一日。
朝、公園で走り始めた途端、大粒の雨が降りだし、
昼、しばしご無沙汰していた方々に都心でお目にかかったついでに、
登山地図やママレイド ラグの中古CD(400円!)をゲットしていたら、
とんでもないどしゃ降りに見舞われて身動きとれず…。
雲の合間を縫って帰宅し、夕陽に誘われて公園へ出かけると、
ほどなくして、またもや叩きつけるような激しい雨粒が。
 ◇◇◇
お盆明け以降、朝RUNを本格的に再開しているため、朝の点景ネタを拾えない今日この頃。
反面、仕事で固まった体をほぐすため、時間があれば夕方の公園を散歩することも多いので、
時にはカメラ片手にブラブラしてみようかと思ったりして。


by nandakadays | 2012-09-21 20:00 | DAYS | Comments(2)

debut[2]

f0234982_22922100.jpg


f0234982_2292998.jpg


f0234982_2294171.jpg
晴れたり曇ったり、めまぐるしく空模様が変わるなか、樹林帯を抜け、昼前には倉岳山の山頂に到着。
もとより大した眺望は望めない山ですが、それでも大菩薩方面の山並みを眺めていると小雨がパラリ。
徐々に雨脚が強まってきたので、慌てておにぎりを頬張り、そそくさと下山開始であります。

f0234982_22105939.jpg


f0234982_2211697.jpg


f0234982_22111389.jpg


f0234982_22111913.jpg


f0234982_22112778.jpg
思いのほか降り出しの早かった雨も、その後は降ったりやんだりで、大きな問題もなく無事下山。
夏の盛りが過ぎたとはいえ、標高1000mに満たない低山だけに暑さ・湿気とも容赦はなく、
とんでもない量の汗に全身ずぶ濡れになりながら、昼下がりの梁川駅にたどり着きました。

f0234982_22113629.jpg
缶ビール片手に中央本線に揺られながら、乗換駅の高尾へ。
水分補給のため、駅構内でさらに生ビールをグビビ…。

f0234982_22114432.jpg
水分補給だけのつもりが、小粋な酒肴まで付いてきたので、
まんまと赤ワインを2杯、追加で補給してしまいました(笑)

 ◇◇◇
さて、肝心のnew facesクンですが、登山道を歩く姿を観察する限り、
GARMONTネブラスカGTXは、僕の古ぼけた小汚いDannerに比べて、
ホールド感やソールのグリップがかなり安定しており、滑りやすい下り坂も歩きやすそう。
Black Diamondのトレッキングポールも、最初は握り方すらおぼつかなく、アタフタしていましたが、
徐々に扱いにも慣れ、下山時の頼れる相棒となった模様であります。メデタシメデタシ。


by nandakadays | 2012-09-18 12:00 | TREKKING | Comments(0)

debut[1]

f0234982_9594585.jpg
September 16, 2012@倉岳山

f0234982_9595035.jpg
前回ご紹介したnew facesクンの足慣らしとして向かったのは、山梨県大月市の倉岳山です。
何年か前に僕だけ登ったことのあるこぢんまりした山(標高990m)で、沢沿いの登山道はなかなか心地よく、
何より中央本線の鳥沢駅と梁川駅を結んで歩くことができるため、
連休中の渋滞に巻き込まれる心配がないことから、思案の末コチラを選んだ次第であります。

f0234982_9595747.jpg


f0234982_100379.jpg


f0234982_1001130.jpg


f0234982_1001899.jpg


f0234982_1002555.jpg


f0234982_100327.jpg


f0234982_1013537.jpg
この登山道は、甲州街道鳥沢宿と秋山の集落を結ぶ古道だったそうで、そんな名残も感じつつ、
苔むした沢の様子に「ミニ白谷雲水峡みたいだ」と喜びながら、淡々と上を目指していきました。


by nandakadays | 2012-09-17 12:00 | TREKKING | Comments(0)

new faces

f0234982_8591392.jpg
知らぬ間にソールのパターンもずいぶん増えているようであります。

 ◆◆◆
先の「ぐるり北アルプス」旅で、すっかり山心をくすぐられて云々とかなんとか記した先月下旬、
「山下達郎シアター・ライヴ」を新宿バルト9で観た帰路、ついフラフラと登山用品店へ。

f0234982_902771.jpg
とりあえず履いてみるだけだったはずなのに、そのまま我が家にやってきたのが、
北イタリアのメーカーGARMONTネブラスカGTXなる立派な登山靴であります。
 ◇◇◇
ちなみにコチラは僕のモノではなく、妻用の新顔クン。
実はこれまで、山に出かけるたびに妻は足の爪を痛めていたので、
「足に合っていないんじゃないの?」とこの機に新調した次第。
「おそらく最後の登山靴になるかも」とか言いつつ、想定外の大奮発であります。

f0234982_8594051.jpg
で、靴を新調したままではもったいないので、足慣らしがてら近所の低山にでもと思案中ですが、
せっかくの機会なので、今度は流行りのストックを使ってみたいと妻から提案が。
昨秋の鳳凰三山縦走の折、下山時にO竹氏のストックを借りて歩いてみたところ、
思いのほか楽だった云々と僕が話していたので、以来ずっと気になっていたようです。
 ◇◇◇
てなワケで、昨日打合せで街へ出たついでに、妻と吉祥寺で合流し、またもや登山用品店へ。
アレコレ試した挙句、安価ながらも強度や使い勝手に問題なさそうなストック(トレッキングポールと呼ぶとか)を選択。
ただし購入したのは1セットのみなので、僕は従来通り手ぶら派+靴も以前のままでありますが…(笑)
さて、残暑厳しいなか、まずはどの辺の低山を歩いてみましょうかね。

 ※※※
久しぶりの平日夜@吉祥寺なので、おなじみ「もつ焼きカッパ」へヨロヨロ。
意外にもすんなりカウンターに着席できたうえ、懸念していたレバ刺しも健在!
ウレシ涙がちょちょぎれながら、至福のカッパ時間を堪能してまいりました。


by nandakadays | 2012-09-13 09:00 | FAVORITE | Comments(0)

autumnal

f0234982_22521470.jpg
September 9, 2012

f0234982_22514838.jpg


f0234982_22522798.jpg


f0234982_2252124.jpg


f0234982_22523940.jpg
今日も軽く30度超え。
近所の八幡さまの例大祭と聞いていたので、夕方になりいそいそ。
道すがら見上げた空は、いつの間にやら秋の装いでした。


by nandakadays | 2012-09-09 23:00 | DAYS | Comments(0)

September♪


ほんのちょっとだけ暑さが緩んで秋らしくなりつつある今日この頃。
仕事の合間に銀次さんのブログを覗いたら(コラコラ)、懐かしやThe HappeningsSee You In September(1965)の紹介が。
ま、懐かしやといっても当時を知るワケではなく、僕がラジオで幾度か耳にしたのは1980年代前半でしょうか。
ともあれ2012年秋の夕暮れ時に、虫の声をバックにSee You In Septemberを聴くのも、なかなかオツですなぁ♪

f0234982_1874980.jpg
9月を題材にした唄といえば、Frankie Valli & The 4 SeasonsSeptember Rain(1968)や、
僕なんかの世代だと太田裕美さん九月の雨(1977)などなど、かなりの数に上りますが、
ま、ベタですがやっぱりまりやさま(1979)かなと、仕事の手を休めて(オイオイ)ドーナツ盤を出してきたりして。


で、Septemberといえば、思い出すのが故・松原みき嬢真夜中のドア:Stay with me(1979)♪
「この曲は9月と関係ないだろ」と指摘されそうですが、いえいえサビの部分で「Septemberー♪♪」と唄えます(笑)
 ◇◇◇
思えば1980年代の終わり頃に新宿の小さなライブハウスでみきさんを観たときは、
ピョンピョン跳ねてて元気だったんですけどね…なんて、またもや黴臭い話を思い出してしまいました。


by nandakadays | 2012-09-07 20:00 | NANDAKA | Comments(0)

the near future??

f0234982_17402633.jpg
September 5, 2012@有楽町

 ◆◆◆
本日はレーシック+老眼手術の術後検診のため、朝から有楽町へいそいそ。
経過そのものは順調でしたが、飛蚊症の進行が気になるので眼底検査を受けることに。
で、おなじみ散瞳を促す目薬を挿されると、時間の経過とともに焦点が合わなくなり…。
 ◇◇◇
「50年前の人が想像した近未来的風景はこんな感じだったのかな?」
なんて待ち時間にぼんやり窓外を眺めながら、フォーカスはカメラまかせでパチリ。
右端には、21世紀のシンボル・東京スカイツリーが顔を覗かせております。
 ◇◇◇
ま、よくよく考えてみたら、東京都庁跡にできた東京国際フォーラム(左)はさておき、
東海道新幹線(中央)開業は1964年、東京交通会館(右)オープンは翌65年のことなので、
半世紀近く経ったにしては、思ったほど大きく様変わりしていないといえるかも。


by nandakadays | 2012-09-05 18:00 | NANDAKA | Comments(0)