<   2012年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

初42.195km [3]

f0234982_15444725.jpg
34km過ぎ@晴海通り

 ◆◆◆
「マラソンは30km以降が本番」とよく耳にしますが、まずはひと山越えて35kmに到達。
この間の5kmLAPは29分46秒で、通過時刻は3時間27分47秒でした。
さて、先の試走の際にも触れましたが、東京マラソンはここからが本当の正念場です。
 ◇◇◇
それにしても脚だけではなく、気づくと腕やら腰やら肋骨やらが少しずつ痛くなってきました。
考えてみれば3時間半も走り続けること自体初めてなので、ずっと同じ動作を繰り返していれば、
どこかしら痛くなってきても不思議ではありません。腕をブラブラ揺らしてリラックスしてみたり、
首をグリグリ回したりしているうちに、最大の難所・佃大橋が前方に迫ってきました。
 ◇◇◇
さすがに終盤での急勾配はこたえますが、歩幅を狭めてもピッチを落とさぬよう心がけていると、
いつの間にやら道が平坦になり、気づけば橋の上にたどり着いていました。
1km以上に及ぶ長い橋の上では、途中で立ち止まってしまう人も多く見受けられましたが、
佃大橋とつながった朝潮大橋を黙々と下っていくと、残り5kmの表示が見えてきました。
 ◇◇◇
最大の難所を越え、ホッとしたせいか、なにやらお腹が空いてきました。
ここ数日は炭水化物を多く摂り、グリコーゲンを蓄えてきたつもりですが、それも底をついたか、
ガス欠気味というか、登山でいうところの「シャリバテ」のようで、今ひとつ力が入りません。
そんな状況ではありましたが、小さな橋をいくつか越え、40km3時間59分27秒で通過。
この5kmは31分40秒かかりましたが、橋の上り下りを考えればまずまずのタイムでしょうか。

f0234982_15525498.jpg
残り1km@東京ビッグサイト前
 ◇◇◇
藤原選手が皇帝ゲブレシラシエを抜き去った有明中央橋を越えると、ついに残り1kmです。
結局、人の波は途切れることなく、いよいよフィニッシュ地点が近づいてきました。
どうしたことか銀座四丁目の最前列に陣取っていた家人の姿は、案の定どこにもありません。

f0234982_1553928.jpg
最初から最後までずっと思うように走れず、いささか消化不良気味ではありますが、
ゴールの先にスチールカメラマンが見えたので、両手を挙げて笑顔でフィニッシュ。
てなワケで4時間13分37秒にて初マラソン無事完走です。

f0234982_15531947.jpg
走り終え、家族や関係者らに連絡を入れている方もチラホラ。僕も家人に電話したところ、
「今、フィニッシュ地点に向かって走ってるんだけど…」と大方予想通りのオチでした(>_<)

f0234982_1553309.jpg
で、痛い脚を引きずりつつバスタオルを受け取ったり…(ピンボケご容赦)

f0234982_15534976.jpg
完走記念のメダルを首からかけてもらったり…

f0234982_15545097.jpg
ついでにバナナをいただいたりしながら、新宿で預けた荷物を受け取り、あとは各自勝手に解散です。

f0234982_1555299.jpg
ま、いろいろ挙げればキリがありませんが、ともあれFINISHERの文字がウレシイ限りです。

 ◆◆◆
まさかの当選直後は、我ながら無謀とも思えたフルマラソン挑戦の日々もコレにてひと区切り。
4時間を切るという課題は残ってしまいましたが、走り始めたそもそもの理由に立ち返り、
これからは今シーズンの登山に向けたトレーニングに戻していければと考えている次第です。
 ◇◇◇
で、完走とか記録よりも大きかったのは、4ヶ月に亘る練習を通じての肉体の変化でしょうか。
休日も半ば休日でないような、ランニング中心の生活を送る日々がしばらく続きましたが、
お腹まわりやお尻の余分な脂肪が徐々に落ち、代わりに走りを支える筋肉がついてきました。
心肺機能も向上し(向上しすぎ?)、生来の華奢ななで肩も少しだけ盛り上がりつつあります。
なにより日頃の酒代がガクンと減ったのが、我が家にとって一番の収穫だったかもしれません。
 ◇◇◇
この4ヶ月、体調のことを気遣ってもらったり、用具や心構えをアドバイスしてくれたり、
励ましのメールや手紙を送ってくれたり、拙ブログを通じてコメントを寄せていただいたり、
あるいは静かに見守ってくださった皆々様には、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
無事参加できたことを素直に喜びつつ、この場を借りて改めてお礼申し上げます<(_ _)>


by nandakadays | 2012-02-29 18:00 | FAVORITE | Comments(0)

初42.195km [2]

f0234982_9304513.jpg
さて、ささやかなる想いも背負いつつ、ようやくスタートです。

 ◆◆◆
結局僕がスタートラインを越えたのは、号砲から13分21秒後のことでした。
先頭グループはこの時点で、すでに市ヶ谷を過ぎ、外堀通りを走っていたようです。
 ◇◇◇
片や僕のまわりは、とにかく人・人・人でいっぱいです。
今回の最大の目標はもちろん「初マラソンでの無事完走」ですが、
欲深い僕はひそかに「1km5分30秒ペースで4時間を切ろう」と考えておりました。
しかしあまりのランナーの多さにゆっくりしか走れず、最初の1kmはよもやの6分47秒
その先の下り坂で全体的に少しスピードアップしましたが、5kmのLAPは30分33秒です。

f0234982_9305923.jpg
「5kmを過ぎれば渋滞も解消されるだろう」と睨んでいましたが、状況はまったく変わりません。
かといって、無理して目の前の人を抜いたところで、また人の壁が立ちはだかっているだけなので、
序盤はグっとこらえて、ガマンガマンであります。

f0234982_931948.jpg
9km付近@内堀通り

f0234982_9312023.jpg
内堀通りに入り、家人が待ち構えているはずの9km地点が近づいてきました。
しかし内堀通りはフルマラソン用のレーンと10km用のレーンに区分されていたため、
フルマラソン用のコースはいっそう狭められ、ますます混雑してきました。
そんなこんなで沿道で1時間以上前から待機していた家人の前もあっという間に通過です。
日比谷公園脇の10kmポイント通過は59分27秒。この間の5kmLAPは28分54秒でした。

f0234982_9312983.jpg
日比谷では暗箱師匠がZeissの135mmレンズを手に待ち構えているとの情報を事前に得ていたので、
歩道側に寄り観客に目をやりましたが、こちらもモノすごい人だかりで、見つけることができません。
 ◇◇◇
その一方、走りながらずっと気にかかっていたことがありました。トイレです。
今すぐ行きたいワケではないのですが、スタートブロックで1時間近く待たされたので、
さすがにどこかで立ち寄っておいたほうがよさそうでしたが、どこも長蛇の列です。
 ◇◇◇
それでもずっと気にかけているのも集中できないので、増上寺を過ぎた芝公園でトイレへ直行。
実は前日情報で芝公園の仮設トイレは数が多いことを把握していたので、さほど並ぶこともなく、
3分ほどのタイムロスでコースに復帰。混雑ぶりは相変わらずですが、気分だけはスッキリです。
15km通過は1時間30分41秒。トイレ立ち寄りもあったので5kmLAPは31分14秒でした。

f0234982_9314851.jpg
15km過ぎで折り返し、今度は第一京浜を北上です。
僕より後ろのランナーたちとすれ違いましたが、すでにヘロヘロの人もいて、かなりきつそう。
一方、僕を取り巻く状況は依然変わらず、とにかく前方にはランナーの壁・壁・壁。
どうやら先にスタートしたGとかHブロックから脱落した人たちが立ち塞がっているようです。
 ◇◇◇
第一京浜から日比谷通りに戻ってきたので、西新橋あたりから歩道側に寄り、
往路で見逃した暗箱師匠を探しましたが見つかりません(帽子でもかぶっていたのでしょうか)。
そうこうしているうちに20km1時間59分29秒(LAPは28分48秒)で通過。
続く中間点2時間6分だったので、この時点で3時間台でのフィニッシュはあきらめました。

f0234982_9315635.jpg
数寄屋橋交差点手前で、いきなり「よ※ちん! ファイトー!!」と大きな声が聞こえてきました。
振り向くと、大会オリジナルの折りたたみ式メガホンを手にした家人です。
「あれ、次は京橋付近にいるといっていたのに、なぜこんなところに?」と思いましたが、
それはともかく、ひときわ声が響く高速道路下での「よ※ちん!」絶叫には、コチラも赤面です。
 ◇◇◇
そうこうしているうちに、銀座四丁目交差点からメインストリートの中央通りに入りました。
ここまでの第一京浜、日比谷通り、晴海通りに比べ、道路幅がすこぶる狭く、またもや大渋滞です。
とにかく極力ペースを落とさないようひたすら距離を刻むことだけを心がけ前へ前へ。
歩きだす人の増えてきた25km2時間28分37秒(LAPは29分8秒)で通過しました。
 ◇◇◇
しばらくすると浅草が近づいてきました。雷門の前を通ると、熱した天ぷら油のようなニオイが
あたり一帯に充満していてゲップが出そう…。走っている身にはかなりシンドイものがあります。
立ち止まって東京スカイツリーの写真を撮っている人もいましたが、僕は気にせず南下し、
浅草橋の30kmポイントは2時間58分01秒、この間の5kmLAPは29分24秒でした。

f0234982_14432836.jpg
いよいよ、ここからは未知の12.195kmに突入です。わずかながら渋滞も解消されてきたので、
少しずつペースアップしていきたいところですが、なかなか思うように脚が動きません。
スローペースとはいえ、人をよけたり、ブレーキをかけたりしながら長い時間走ってきたのが、
思いのほか疲労として蓄積されたらしく、いつもと違う場所が張ったり痛くなってきたりしました。
 ◇◇◇
再び中央通りに戻り、あたかも沿道の観客をかきわけるように銀座四丁目交差点を目指します。
ビッグサイトへ向かいやすいよう、今度は銀座一丁目付近に家人がいるはずですが見当たらず、
あきらめて銀座四丁目から晴海通りに入った途端、家人がカメラ片手に叫んでおりました。
「なんでこんなところにいるんだろう? ゴールに間に合わないんじゃないかな」と思いつつも、
一応余裕のあるフリしてポーズなんぞをとってから、35kmの関門へと向かいました。


by nandakadays | 2012-02-28 18:00 | FAVORITE | Comments(2)

初42.195km [1]

f0234982_17345231.jpg
at 7:10 a.m. on February 26, 2012@新宿駅西口地下通路

f0234982_1735084.jpg
9時10分のスタート時刻まで2時間もあるというのに、すでにものすごい人の波です。

f0234982_17352158.jpg


f0234982_17351646.jpg
途中にチェックポイントがあったりして、この先は出場ランナー以外立入禁止になります。

f0234982_17353430.jpg
荷物を預けるトラックもズラリと待ち構えておりました。

f0234982_17354194.jpg


f0234982_17355245.jpg
仮装ランナーもあちこちに登場です。

f0234982_17355794.jpg
僕のJブロックは新宿中央公園の最もはずれあたりでした(涙)

f0234982_1736832.jpg
長ーい列の先を左折した、さらにずっと向こうがスタート位置です。
スタートを知らせる号砲が遠くから聞こえましたが、動き出す気配は一向にありません。


by nandakadays | 2012-02-27 18:00 | FAVORITE | Comments(4)

ご報告@東京マラソン

f0234982_17343092.jpg
今ひとつ思うように走れませんでしたが、とりあえず4時間13分で完走しました。


by nandakadays | 2012-02-26 17:00 | FAVORITE | Comments(6)

ブロックJ

f0234982_9185939.jpg
泣いても笑っても東京マラソンまで残り1日となりました。
 ◇◇◇
雨の中、軽く散歩に出かけたり、ナンバーカードをウェアに付けたりしてますが、
一昨日、ナンバーカードを受け取って初めて知った僕のスタートブロックは

f0234982_919938.jpg
案内図で照合すると、ほとんど最後尾からのスタートのようです(涙)
スタートラインを越えるまでに10分以上かかる見込みで、結局43kmぐらい走ることになるかと。
 ◇◇◇
実は折り返してくる先頭集団(特に昨年欠場した皇帝ゲブレシラシエ)を日比谷通りで拝めればと、
ひそかに企んでいましたが、このスタート位置と僕の走力では時間的に間に合わず、どうやら無理そう。
(今回は皇帝以外にも力のある外国人ランナーが揃い、条件次第では好記録も期待できそうですし)
 ◇◇◇
ま、僕は余計なコトを考えず、ヘナチョコなりにお祭り騒ぎを満喫してくることにします。


by nandakadays | 2012-02-25 12:00 | NANDAKA | Comments(0)

after ランナー受付

f0234982_22415579.jpg
ランナー受付を済ませてから、併設の展示会場へ潜入です。

f0234982_22381541.jpg


f0234982_22382486.jpg


f0234982_22383395.jpg


f0234982_22384137.jpg


f0234982_22385017.jpg


f0234982_22385919.jpg


f0234982_22391014.jpg


f0234982_22391834.jpg


f0234982_2252155.jpg
併設どころか、スポンサーブースが集まったコチラのほうが、メイン会場のよう。
それにしてもランニング市場の勢いがヒシヒシと伝わってくる活況ぶりであります。
 ◇◇◇
そんなこんなで、ナンバーカードを受け取りにいっただけなのに、
結構あちこち歩き回るハメになり、思いのほか疲れた午後でした。


by nandakadays | 2012-02-24 14:00 | NANDAKA | Comments(2)

ランナー受付

f0234982_18504330.jpg
February 23, 2012@東京ビッグサイト

 ◇◇◇
昨夜からの雨も昼すぎにはあがったので、JRとゆりかもめを乗り継ぎ、はるばるビッグサイトへ。

f0234982_18505764.jpg
受付場所はTIBFと同じくビッグサイト内の西展示塔でした。

f0234982_1851672.jpg
まずはコチラで本人確認の身分証明書(僕の場合は運転免許証)をチェックされます。

f0234982_18511314.jpg
無事、ナンバーカード引換証にスタンプを押してもらいました。

f0234982_18512030.jpg
続いては、引換証を持ってコッチへいそいそ。

f0234982_18512835.jpg
担当係員が該当するナンバーカードを探し出してくれます。

f0234982_1851386.jpg
最後に計時チップが正常に作動するかを確認したら、パンフやらチラシやらを渡され、受付完了です。

f0234982_18514564.jpg
てなワケで、晴れてナンバーカードを受け取ってきました(^^)v


by nandakadays | 2012-02-23 22:00 | NANDAKA | Comments(2)

朝の点景 February 21, 2012

f0234982_937396.jpg
本日は休養日なり。

f0234982_9371383.jpg


f0234982_9373231.jpg


f0234982_9532231.jpg


f0234982_9374128.jpg


f0234982_9375089.jpg


f0234982_9375950.jpg


f0234982_9381658.jpg
本番を控え、朝RUNの距離を少しずつ減らしていますが、
それでもどこかしら脚をかばいながら走っているらしく、
日替わりでふくらはぎに張りが生じ、思うように回復しない今日この頃。
 ◇◇◇
てなワケで、今朝は思い切ってRUNをやめ、1時間ほどブラブラ。
凍てつく朝の寒さも心なしか緩んできたような。


by nandakadays | 2012-02-21 09:00 | DAYS | Comments(0)

hide-no-yu

f0234982_1812952.jpg
少し足を延ばして脚を伸ばしてきました。

 ◆◆◆
拙借家暮らしでの不満を挙げればキリがありませんが、狭小すぎる浴室もその一つ。
数年前は銭湯通いだったことを思えば、風呂があるだけぜいたくともいえますが、とにかく狭い。
ふた昔以上前の団地サイズとでも呼べばいいのか、ほぼ正方形に近い湯船は、
膝を曲げたままでしか湯に浸かれず、風呂好きの僕にとっては、毎度かなりの苦行であります。
 ◇◇◇
てなワケで、脚を思いっきり伸ばすため、久しぶりに銭湯へ出向くことに。
とはいえ、かつてお世話になった近所の「よろず湯」や「弁天湯」は湯温がかなり熱いので、
今回はぬるめの湯でのんびりできる、お隣杉並区の「秀の湯」へいそいそ。

f0234982_18121869.jpg


f0234982_18122944.jpg
これまでも何度か足を運んだお気に入りの銭湯ですが、考えてみればここ最近はごぶさた。
木の下足札が鍵代わりの昔ながらの下駄箱は一新され、代金も自販機で支払うシステムに。
目くじら立てるほどのことではないのでしょうが、銭湯風情が薄れてなんだか味気ない…。
 ◇◇◇
浴室内もこぎれいにマイナーチェンジされていましたが、小ぶりなぬる湯の露天風呂は健在。
今回はちと苦手な電気風呂にも果敢に入り、疲れのたまった両脚をビリビリさせてきました。

f0234982_1812357.jpg
風呂上がりに脱衣所で体重を測ると、目標だった63kg台に突入!
中年ぽっこりお腹だけは思うように凹みませんが、余分な肉をかなり絞れてきた印象です。


by nandakadays | 2012-02-19 19:00 | FAVORITE | Comments(0)

ICING

f0234982_1001441.jpg
しゃっこいです!(…汚くてスミマセン)

 ◆◆◆
先の日曜日、なかば無理して20kmLSDに挑んだのが祟り、案の定痛めていたふくらはぎが悪化。
なんでもシンスプリントと呼ばれる、ランニングなどに伴って起きやすい症状だそうで、
日常の歩行にはさほど問題がないのですが、いざ走り出そうとするとズキンと痛むため、
週の前半3日はやむなく走るのを諦め、整骨院のT先生の教えに従ってアイシング中であります。
 ◇◇◇
そもそもアイシングのなんたるかも知らないので尋ねたところ、筋肉の損傷に伴う炎症を抑え、
その炎症がさらに周囲に広がって悪い影響を及ぼさないようにする効果があるとか…なるほど。
とはいえ当然アイシング用の道具はないので、取り急ぎ冷凍庫で見つけた保冷剤を輪ゴムで固定し、
なんちゃってアイシングを毎日続けてみたところ、今日には痛みもおさまり、朝RUNを再開です。
(保冷剤は冷たすぎるのでNGだと、あとでT先生に注意されましたが…)
 ◇◇◇
ちなみにうっすらと写る脛の傷痕は、昨年GWの大転倒@乾徳山の際のモノ。
どうやら傷痕はこのまま消えない気配ですが、あの転倒がなければ走り始めることもなかったので、
コケまくりの我が人生も、この先思わぬ新展開があるのかも、なんて都合よく解釈したりして。


by nandakadays | 2012-02-16 12:00 | NANDAKA | Comments(2)