<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

上信之旅 2011夏[2]

f0234982_1773515.jpg
July 28, 2011@中軽井沢

f0234982_1774118.jpg


f0234982_1775432.jpg


f0234982_178028.jpg
往路の上信越道でひどい事故渋滞に巻き込まれたのが響き、遅めの昼食。
 ほんの束の間、避暑地の涼風に癒されてから、県境を越え群馬県へGO!


by nandakadays | 2011-07-31 10:00 | JOURNEY | Comments(2)

上信之旅 2011夏[1]

f0234982_10473173.jpg
July 28, 2011@長野県東御市

 ◆◆◆
正月、伊豆珍道中に出かけた義母一行と、この夏は群馬の湯宿へ向かうことに。
ひとまず曇天の長野県に入り、北国(ほっこく)街道の海野(うんの)宿をブラブラ。

f0234982_10474490.jpg


f0234982_11442573.jpg


f0234982_10474994.jpg


f0234982_1048160.jpg


f0234982_1048759.jpg


f0234982_10481830.jpg


f0234982_10482423.jpg


f0234982_10483852.jpg
僕は珍道中専属?ドライバーと化して、案内する役回りが定着しつつあり…。


by nandakadays | 2011-07-30 11:00 | JOURNEY | Comments(0)

ひと区切り

f0234982_12311047.jpg

f0234982_12311983.jpg

f0234982_12312723.jpg

f0234982_12313797.jpg
東北地方太平洋沖地震の揺れで台から転げ落ちたものの、なんとか持ちこたえ、
 余命4か月余をどうにか全うしました。いやはや、おつかれさまでした。


by nandakadays | 2011-07-24 12:00 | NANDAKA | Comments(0)

夏柑糖

f0234982_23383440.jpg


f0234982_23384291.jpg
夏みかんをくり抜き、濾した果汁・少量の砂糖・寒天を流し込んだ京都の和菓子で、
「なつかんとう」と呼ぶそうです(我が家に届くまでまったく知りませんでした)。

f0234982_23385159.jpg
割ってみると、中には寒天菓子がぷるるん! 素朴でやさしい味わいを楽しみました。
(ガラスの皿なら、もっと似合いそうですねぇ)

贈り主は、日頃から面倒をみている(ウソウソ)、京都出身のぱんたくん@尼崎。
 猛暑を忘れる粋なはからい、やるなぁ。んー心憎いゾ!!


by nandakadays | 2011-07-21 08:00 | FAVORITE | Comments(0)

川畔共同湯

f0234982_1175454.jpg
火照った体に涼風が心地よいのだ。

f0234982_118561.jpg


f0234982_1181681.jpg
July 14, 2011@塩原温泉もみじの湯
 ◇◇◇
尾瀬探勝の前日、登山口へと向かう途中、夕陽を浴びながら塩原温泉を通過。
フト思い立って寄ったのが、鄙びた温泉街とは箒川を挟んでひっそりと湧くコチラ。
大きな目隠し用の覆いがあり、視界が遮られているので、開放感はイマイチですが、
維持管理費100円を料金箱に入れ、あとは独りでユラユラ…。

f0234982_1182535.jpg


f0234982_1183357.jpg
July 15, 2011@木賊温泉岩風呂
 ◇◇◇
ニッコウキスゲに彩られた大江湿原を離れ、沼山峠登山口に着いたのが午後1時。
思いのほか時間が余ったので、前々から行ってみたかった木賊(とくさ)温泉へ直行。
狭い石段を降りていくと、西根川沿いに簡素な小屋がけの共同湯が現れます。
湯温の異なる2つの岩風呂があり、僕はぬる湯側を選択(といっても結構熱め)。
湯に浸かると、川は見えなくなってしまいますが、吹き抜ける風を頬に感じつつ、
開湯千年といわれる伝説の湯を、またしても独り占めしておりました(維持管理費200円)
 ◇◇◇
尾瀬御池から西へ向かえば、すぐさま新潟県へ。
一度は登りたい平ヶ岳や、魅惑のいで湯が目白押しのエリアですが、
欲張りすぎるとバチが当たるので、泣く泣く帰路につきました。

数日前に触れたばかりなのに、たった今、魁皇引退のカナシイ速報が…。
 今日の琴欧洲との取り組みを観られたのが、せめてもの救いデス(涙)


by nandakadays | 2011-07-19 19:00 | JOURNEY | Comments(0)

夏がくれば[3]

f0234982_9312338.jpg
下山途中、大きなケルンが積まれたミノブチ岳から俎嵓に別れの挨拶です。

f0234982_9313274.jpg
ダラダラとした長英新道を下り、尾瀬沼畔を回り込みながら大江湿原に到着。
見頃にはまだ早いと思っていましたが、意外やニッコウキスゲがそこそこ乱舞中!

f0234982_9383067.jpg


f0234982_932527.jpg


f0234982_9321413.jpg
太陽が雲に隠れてしまったのが残念でしたが、いいモン見させていただきました。

北海道の夏を彩るエゾカンゾウにそっくりだなぁと思っていましたが、
 調べてみると、どうやらほぼ同種だとか。なるほど似ているハズです。


by nandakadays | 2011-07-18 10:00 | TREKKING | Comments(0)

夏がくれば[2]

f0234982_10155320.jpg
標高2000mを超え、スプーンカットの雪渓登場!

f0234982_2316374.jpg
次第に息も上がりつつありましたが…。

f0234982_23164882.jpg
まずは双耳峰の一つ、俎嵓(まないたぐら:2346m)に到着。
先に見える片割れの柴安嵓(しばやすぐら:2356m)まで、あとひと息!!

f0234982_23165844.jpg
続いて柴安嵓から俎嵓を望んで、無事燧ヶ岳制覇デス。

f0234982_1016229.jpg
燧と並ぶ尾瀬のシンボル・至仏山(しぶつさん:2228m)は雲に隠れていましたが、
柴安嵓からは、眼下に広がる雄大な尾瀬ヶ原を一望できました。

f0234982_23171840.jpg
目を転じれば、これから向かう尾瀬沼がのほほ~んと広がっています。

紫外線がかなり強いようで、早くも両腕がピリピリしてきました。


by nandakadays | 2011-07-17 14:00 | TREKKING | Comments(2)

夏がくれば[1]

f0234982_11164346.jpg
at 4:00 a.m. on July 15, 2011@尾瀬御池

 ◆◆◆
山岳書編集者であり、地元内科情報でもお世話になっているO竹氏から、
「福島の西のはずれでも原発の風評被害で県外からの客足が減っているらしいので、
初夏になったら、尾瀬にニッコウキスゲを見にいきましょう」と居酒屋で誘われたのは、
東日本大震災の余韻が今より色濃く漂っていた今年の4月。
 ◇◇◇
提案されたルートは、福島県檜枝岐村(ひのえまたむら)御池(みいけ)登山口から
燧ヶ岳(ひうちがたけ)に登り、尾瀬沼畔の大江湿原を経て沼山峠に抜けるというもの。
僕自身、尾瀬にはこれまで3度足を運びましたが、日程の都合や天候不良で、
ずっとには登れずじまいでしたので、モチ即答でOK!
 ◇◇◇
と、そんなこんなで7月に入り、不安な体力を除いては準備も万端。
いよいよカウントダウンに入っていた数日前、O竹氏の父上が入院してしまい、
尾瀬行きは急遽取りやめに…。
 ◇◇◇
「ま、今回は縁がなかったということで」と気持ちを切り替えたつもりでしたが、
独りでも行けないわけでなく、ここ最近、付け焼刃で朝に走っていたこともあるので、
多少の後ろめたさを感じつつも、脚試しがてら、こっそり尾瀬へ出かけてきました。

f0234982_955379.jpg


f0234982_12134439.jpg


f0234982_1014519.jpg


f0234982_11172236.jpg


f0234982_11173488.jpg



f0234982_21423116.jpg
無数のワタスゲが揺れる広沢田代、熊沢田代を経て、いよいよ燧ヶ岳へ。


by nandakadays | 2011-07-16 12:00 | TREKKING | Comments(2)

ウレシイ速報

f0234982_18113265.jpg
かなりショボイ勝ち方でしたが(笑)

f0234982_18114150.jpg
昨年の初場所、我が初土俵において、運よく幕内最多808勝を見届けましたが、
 その直後からの相撲界のドタバタを乗り越えての大記録達成だけに、
 もう20年近く魁皇の相撲を見てきた僕としては、感慨深いものがあります(涙)


by nandakadays | 2011-07-13 18:00 | DAYS | Comments(0)

Handy Fan

f0234982_22494440.jpg
なんだこりゃ??

f0234982_2250272.jpgエンジンオイルを交換したところ、
なぜかミニ扇風機とやらをいただきました。
これで酷暑対策もバッチリ…なワケないか。


f0234982_2250958.jpg早速、電池を入れて回してみると…


f0234982_22501687.jpgかわいらしい車の絵が!


f0234982_22502356.jpgおっ、今度はなんだなんだ!?


f0234982_22503039.jpgなにやら文字のような絵柄が浮かんできて…
 

f0234982_22503859.jpgなるほど、そういうことだったのね(汗)

羽根に内蔵されたLEDの残像で絵や文字を表示する仕組みだとか。
 すっかり感心しながらいじっていたら、早くも調子が…レレレ(涙)


by nandakadays | 2011-07-13 17:00 | NANDAKA | Comments(0)