<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

大晦日

f0234982_12363760.jpg
大晦日恒例、虎屋ののし餅を求めて街へ。

f0234982_16141055.jpg


f0234982_12373040.jpg


f0234982_12374097.jpg


f0234982_12375089.jpg


f0234982_12375880.jpg


f0234982_1238892.jpg


f0234982_12383434.jpg


f0234982_12384376.jpg
今年1年のご愛顧・ご笑覧に深く感謝! 皆さま、よいお年を!!


by nandakadays | 2010-12-31 13:00 | DAYS | Comments(0)

2010 歳末買い出し

f0234982_11173197.jpg
早起きしてGO!

 ◆◆◆
年末年始の食材確保のため、月に1、2度足を運ぶ小平の鮮魚店へ。
品揃えもすっかり歳末モードで華やかですなぁ。
f0234982_11174165.jpg


f0234982_11175044.jpg


f0234982_11175878.jpg


f0234982_11181193.jpg


f0234982_11182429.jpg


f0234982_11183478.jpg


f0234982_11184345.jpg
ふだんは800円前後でお買い得な「ぶり半身」はなんと3倍!
 お値段もしっかりと歳末モードのようでして…(苦笑)。


by nandakadays | 2010-12-29 11:00 | DAYS | Comments(2)

朝の点景 December 24, 2010

f0234982_1075290.jpg
スッコーンと晴れわたっておりました。

f0234982_1046473.jpg


f0234982_1050675.jpg


f0234982_1081624.jpg


f0234982_1083572.jpg


f0234982_1082839.jpg


f0234982_1084211.jpg


f0234982_1084735.jpg




拙宅では、これといった
 華やいだeventはありませんが
 ともあれMerry Christmas!!


by nandakadays | 2010-12-24 10:00 | DAYS | Comments(2)

初RAW現像

f0234982_12244132.jpg
現像とは摩訶不思議也。

 ◆◆◆
これまでデジカメでの撮影は、安直にJPEG形式のみでしたが、
Lightroomもインストールしたことだし、RAWにも挑んでみようかと。
(詳しい説明はさておき、RAWとは未加工の画像形式のことだとか)
 ◇◇◇
てなワケで、ヘンテコな異音や動作不良があることから、
ここ最近ほとんど使っていなかったGRDをいそいそと引きずりだし、
設定をRAWに変え、打ち合わせで訪れた池袋であれこれパシャパシャ!
f0234982_12245036.jpg
上がRAWのままの画像。これをLightroomで加工してみると…

f0234982_12245719.jpg
こうなったり(シアン強すぎ?)

f0234982_1225629.jpg
こんなになったりして。

f0234982_12251522.jpg
で、もういっちょコチラもRAW!

f0234982_12252267.jpg
あらまっ

f0234982_12253211.jpg
あらあら…なんて具合でして。
 ◇◇◇
とまあ、こんな調子にRAW形式の画像を加工してJPEG等の形式で書き出すことを、
どうやら「現像」と呼ぶそうな…フムフム、そういうことでしたか。
 ◇◇◇
とはいえ今んトコ、そもそも操作手順からして、てんでおぼつかない状態であるうえに、
この先トーンカーブやヒストグラムのいぢり方なども、アレコレ覚えていかないと(汗)。

カメラマンさんの猿真似ながら、ポジやらゼラチンフィルターやらで、
 ウンウン格闘していた頃を思うと、隔世の感ありありです…嗚呼!


by nandakadays | 2010-12-22 13:00 | NANDAKA | Comments(0)

ベジェ曲線

f0234982_8353038.jpg
年末恒例??

 ◆◆◆
週末は好天にもかかわらず、ほぼ家に籠りっ放し…。
というのも、1学期末に続いて、通知表作成のお手伝い。ううっ(涙)。
 ◇◇◇
で、たまに手が空いたタイミングを見計らって、ようやく年賀状づくりに。
今回は手抜きというか、2010年版のマイナーチェンジに過ぎないのですが、
別のPCに入っているCSで制作したIllustratorのデータを、
先日導入したCS5で読み込んでみたところ、FONTがマッチしなかったり、
結構不具合があったので、結局ほぼやり直すハメに。ううっ(涙)。
f0234982_8354181.jpg


f0234982_836123.jpg
今もってIllustratorの操作は、まったくの我流に過ぎないのですが、
唯一の教本が雑誌DTP WORLDの付録だったコチラ。
思えば地図を作成しながら、Illustratorの基本となる
レイヤーやベジェ曲線などの理屈を覚えることができ、
超初心者には最適の教材だったなぁ、と感心しておりマス。
(ちなみにベジェ曲線とはN個の制御点から得られるN-1次曲線のことで、
 フランス人の名前から命名されたとか…今日、初めて知りましたが)
 ◇◇◇
で、このベジェ曲線。
なかなかのくせ者で、思うように修正できなかったことも何度あったか。
かつては書籍用の地図も相当数つくって、ボチボチ稼いだりしていましたが、
マウスの使い過ぎで肘を痛めたり、苦労が絶えなかった記憶が…。
f0234982_8361044.jpg
今回ベジェ曲線を駆使?して、とりあえず作成してみたのが、
 結局こんなアイテム。ま、初心者でもつくれるレベルでして(汗)。
 来年の干支であるウサギはmiffyちゃんをトレスしてみましたが、
 耳の膨らみ具合が左右で違うことを、初めて発見しました(笑)。


by nandakadays | 2010-12-20 09:00 | DAYS | Comments(2)

academic package

f0234982_11505142.jpg
あくまで「我が家」の新顔デス。

 ◆◆◆
春先に購入したPCにAdobeのSOFTを入れることになり、
近くの大型店Yカメラへ、家人ともどもいそいそ。
(考えたら、最近はバッタモンしか見かけてなかったもんで…)

f0234982_9264187.jpg
早速、地下の売り場で確認したところ、
僕が十ン年前にIllustrator(懐かしや5.5J)を購入したとき同様、
新規通常製品版の販売価格は8万なんぼもするようですが、
同じ内容のアカデミック版は、なんと3分の1以下! どういうこっちゃ?
 ◇◇◇
学割であれば分からなくはないんですが…、なにゆえ教職員まで??
知り合いの営業マン曰く、営業戦略的には深~い意味があるらしいのですが、
あまりの価格差に茫然自失、まさに噴飯モノであります。プンプン!!
 ◇◇◇
当初はCS(CREATIVE SUITE)5のDESIGN STANDARDを検討していたのですが
(こちらは通常版198,380円が67,780円と、その差13万円超!)、
とりあえずInDesignやPhotoshopは、さほど使う機会がなさそうなので、
Illustrator CS5とLightroom 3(コレも約3分の1)を単体で購入することに決定!
 ◇◇◇
とまあ、アレコレ呆れつつも、僕はあくまでアドバイスするだけの立場でして、
購入者は親方日の丸系職業の家人というコトになっております。たはは(汗)。

f0234982_9265072.jpg
Adobeのアカデミック版にはシリアルナンバーが付いていないので、
PCから取得しなければならないとか。…いろいろ面倒やのぅ。
ということで、学期末で忙しい家人に代わりやむなく手続きをサポート!

f0234982_9265894.jpg
そんなこんなで、無事インストールも完了!
にしてもコンデジしか持ってないのに、調子こいてLightroom入れちゃいました。
なんてこった?!

案の定、PCの立ち上がりがいきなり遅くなり…、あたた。


by nandakadays | 2010-12-15 10:00 | NANDAKA | Comments(2)

激DOWN!

October 7, 2010
f0234982_15193668.jpg

December 10, 2010
f0234982_15195495.jpg

 ◆◆◆
10月の健診で、見事?要医療域に達してしまったコレステロール値。
書式が異なるので、ちと対照しづらいのですが、
丸1カ月に亘る薬物治療と食事制限の甲斐があったようで、
総コレステロール値が307→157(mg/dl)と半減。
悪玉に関しては218→81(mg/dl)と、なんともオドロキの4割以下に減少。
ともに、一気に基準値内に突入であります。Woo~!!

すでにスタートを切った2010年忘年会シーズンですが、
 てなワケで、ほぼ1日おきとなる酒びたりの日々も、心おきなく飲み倒せそう。
 早速、昨日は快気祝い??がてら、「カッパ」でモツ焼片手に老酒をグビグビ。
 恩人のO竹氏とも、今週地元で飲んだくれるコトになっていたりして…(笑)。


by nandakadays | 2010-12-12 16:00 | NANDAKA | Comments(0)

春風沈酔的晩上

f0234982_1249557.jpg
cinemarise、気づけば20年ぶり?

f0234982_1250444.jpg
Twitterでショスタコビッチ三郎太さんがつぶやいていた『SPRING FEVER』。
露出アンダーで、細かく手ブレする映像が、やるせない物語によく似合う。切ないのぅ。

f0234982_1250133.jpg


f0234982_12502733.jpg


f0234982_12503560.jpg


f0234982_12504370.jpg
10月のぎんざNOW以来となる三郎太さん、M氏と合流すべく、
渋谷から銀座、そして京橋の小さなギャラリーへ移動。
ミズテツオ展「ブルーボーイ」、青だけで描かれた少年の顔が並んでいました。

f0234982_1250526.jpgその後、幡ヶ谷へ向かい忘年会。
 おぢさん3人だけ浮いていましたが、
 オー・ペシェ・グルマンさん、
 いやぁ、気さくでいいお店でした。
 (以前、2度ほど訪ねたことのある、
 下北沢レ・リヤンの方だったとは!)
by nandakadays | 2010-12-11 13:00 | STROLL | Comments(0)

禁断の…

f0234982_2315674.jpg
できれば、この手は使いたくなかったのですが。

 ◆◆◆
巷では、インターネット通販が相当流行っているようですが、
僕の場合、味噌や帽子などの購入を含め、利用はごくわずか。
件のAmazonで手に入れたものといえば、仕事で必要になった洋書と、
手頃な大きさのクーラーボックス、それにタープくらいです。
 ◇◇◇
で、知ってはいました…中古のCDも購入できることは。
ただ、なんとなく避けていたというか、ハマるのが怖いので、
目的のCDはセコハン屋の店頭で探すよう、グッとこらえてきましたが、
どうにもこうにも見かけないので、ついに禁断の一手を…。

f0234982_82027.jpg
…てなワケで、
あっけなく手元に届いてしまったのがコチラ(しかも新品同様)。
最近、小林建樹クンのCDは、残念なことに棚にほとんど並んでおらず、
たまに見かけるのは投げ売りのワゴンの中くらい…。
そのワゴンでさえ、このスタジオライブ・ミニCDは見つからなかっただけに、
ウレシイやら複雑やら、あまりに簡単すぎて微妙な気分ですが。
 ◇◇◇
ちなみに、か細くはかなげながら、色気のある歌声は健在。
名曲「祈り」やCOVER曲の数々も、相変わらず痺れマス。

f0234982_23153456.jpg
180円のCDを手に入れるのにかかった送料は340円。
 …そして僕は途方に暮れておりマス(苦笑)。




by nandakadays | 2010-12-05 23:00 | NANDAKA | Comments(0)

新常用漢字

f0234982_962186.jpg
29年ぶりの改定だそうで。

 ◆◆◆ 
昨日、新しい「常用漢字表」が内閣告示されたそうで、
巷で話題になっているようです(ただし、ごく一部かと…)。
そもそも常用漢字の定義とは、「法令・公用文書・新聞・雑誌・放送等、
一般の社会生活で用いる場合の、効率的で共通性の高い漢字を収め、
分かりやすく通じやすい文章を書き表すための漢字使用の目安」
だとか。
お恥ずかしながら、初めて知りました(汗)。
 ◇◇◇ 
仕事柄、一日の多くの時間を文字とにらめっこしているものの、
署名原稿を扱うことが多いせいか、とりたてて常用漢字を意識することなく、
編集・校正作業に没頭することもしばしば。特に著者が複数の場合、
文字遣いが各々異なるので、漢字・かな・カナの使い分けをはじめ、
用字用語統一の難しいこと難しいこと…毎度、骨が折れます。

f0234982_964387.jpg
そんなこんなで、使い分けに迷ったとき参考にしているのが、
常用漢字を踏まえてアレンジされた手引書の数々(いろいろあるでよ~←古っ!)。
当初は「朝日新聞の用語の手引」を使っていましたが、新聞用語の硬直ぶりに辟易し、
今では共同通信社の「記者ハンドブック」を一つの指針にしています
(同じ新聞系にもかかわらず、内容がここまで異なるのもフシギですが…)。

f0234982_965766.jpg
ほかにも、漢数字とアラビア数字(正しくはインド数字)があったり、
版元ごとに用字用語や約物の統一をはかっていたりするので、
とにもかくにも日本語の扱いというのは、ホント難しいものであります。
思えば、版元によって校正記号の入れ方が微妙に異なるように、
100冊の本があれば、100通りの用字用語がある、というのが実感です。
  ◇◇◇
てなワケで、上に記した「遣い」と「使い」の使い分けは、はたして正しいのか、
数字であれば、28000か28,000か2万8000か、五〇なのか五十なのか、
副詞や接続詞はかながメインかなど、瑣末なことに頭を悩ませてばかりの毎日ですが、
こんなちっぽけなこだわりが、少しは世の役に立っているのでしょうか…ウムム。

で、自分自身の文章はどうかといえば、当blogをはじめ、結構いい加減。
 誤字もちょくちょくあったりしますが、ま、そんなモンです…たはは。


by nandakadays | 2010-12-01 09:00 | NANDAKA | Comments(2)