<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

恵比寿 September 25, 2010

f0234982_11124432.jpg
滑り込んできました。

f0234982_11125443.jpg


f0234982_1113278.jpg
酷暑から一転、凍えそうな荒天もひと段落。
グイグイと秋空が広がる週末、7月以来の恵比寿詣でにいそいそ。

f0234982_11131094.jpg


f0234982_11131745.jpg


f0234982_11132581.jpg
ぼんやりしていたら会期が残り1週間となってしまった
「私を見て! ヌードのポートレイト」展(東京都写真美術館)へ。
昼過ぎに家を出たのですが、途中寄り道しすぎてしまったので、
階下で開催中だった、巨匠の生誕100年記念画コンテ展はパス…。

f0234982_11133352.jpg


f0234982_11134232.jpg


f0234982_1113498.jpg
ガーデンプレイスへ来ると、休憩がてら立ち寄って、
100円チーズをかじりつつ、beerをグビグビしてた恵比寿麦酒記念館。
今年の2月に訪ねたところ、なんとリニューアル休館中で空振り…クククッ~。
 ◇◇◇
ということでリベンジを胸に再訪。施設名がヱビスビール記念館に変わり、
製造工程案内がなくなるなど、館内の雰囲気もかなり様変わりしていました。
有料試飲コーナーも、おしゃれになったというか、単なる飲食施設のよう。
これなら街場のbeer pubのほうがマシ…と思いつつ、スタウト2杯をゴクゴク。

試飲付の有料ツアーも気になりましたが、こちらはすでに満席。
 工場見学ならタダで試飲できますが、ココではそうもいかないようで…。


by nandakadays | 2010-09-26 12:00 | DAYS | Comments(2)

TENT遍歴

f0234982_1112538.jpg
【Kiritappu, Hokkaido, 1999】

 ◆◆◆
先のキャンプ場で、憧れのmoss製テントを見かけて惚れぼれするなど、
テントについて、ちょいと思いを馳せる機会があったので、
自分はどんなもんだったかな、と古い写真をガサゴソ探したものの、
写欲の薄さのせいか、印象の深さほど、写真が残っておらず落胆…。
 ◇◇◇
それでも何枚かは見つかったので、記憶をたどりながらショボイ思い出話を少々。

f0234982_11122637.jpg
【Mt.Chubetsu, Hokkaido, 1986】
独りで夏山でも縦走してみようかと考えたのが、そもそものテント購入動機でしたが、
張り方もおぼつかないまま、いきなり向かったのが5泊6日の大雪山縦走。
1人用モンベル・ムーンライトは、風には強かったものの、細長いシェルター型だけに、
居住性は今一つ…いや、今三つかな。とはいえ今でも見かけるロングセラーです。
この2日後、入口付近に見えるホエーブス725でフライシートを焦がしました(涙)。

f0234982_1412297.jpg
【Cape Shiretoko, Hokkaido, 1986】
バイト仲間のSと羅臼で合流し、国後島を見ながら徒歩で知床岬へ。
崖をよじ登ったり、海に落ちたりしながら、冒険気分を楽しみました。
満天の星空に、無数のペルセウス流星群が重なり、幻想的な夜も。
荷物を減らすため、狭いムーンライトに2人で寝るハメに…ウゲゲッ。

f0234982_11123699.jpg
【Chiba, 1990】
ヨーレイカの3~4人用ドーム型テントです。
バイクの荷台に積んで、裏磐梯や乗鞍など、あちこち行ったはずですが、
手元にある写真は、なぜかモノクロのこの一枚だけ。しかも後ろ側だし。
入口側のフライに、前室を連結させるタイプで、面倒ながら重宝しました。

f0234982_11124441.jpg
【Chiba, 1992】
シェラデザインズの創業者仲間が新たに設立したとやらで、
鳴り物入りで上陸したウォーラスの2~3人用変型テント(右手前)。
ところが実際組み立ててみると、ポールを繋ぐハブの出来が悪く、
まったくの期待外れ。結局、上記写真のときもそうでしたが、
テントを持っていない知人に貸しただけで、当人は0泊。なんだかなぁ。

f0234982_11125319.jpg
【Ushiro-Tateyama mt. range, Nagano & Toyama, 1993】
ムーンライトに代わる登山用1人用テントを、ということで、
わざわざ横浜まで買いにいったIBS石井スポーツのオリジナル。
価格相応というか、ちょっとした細工がいかにもチープでしたが、
とにかく軽量・コンパクトで、ずいぶんあちこち行きましたね。
今でも家の押入れで眠ってます。

f0234982_1113344.jpg
【Uozu, Toyama, 1994】
ツーリング用に考えていたウォーラスのテントが使い物にならないので、
バイクで遠出する際にも、結局IBSの1人用テントUL-1を利用するハメに。
ミニタープ、あまり必要ない気がしますが、たぶん使ってみたかったのかと。
富山湾を見てカッコつけているのは、若気の至りということでお許しを(汗)。

f0234982_11131671.jpg
【Mt.Kimpu, Yamanashi & Nagano, 2009】
1995年に購入して以来、いまだ現役で頑張っているラテラの2人用です。
ラテラはテント製造をやめてしまったようなので、今では貴重な遺物かと。
「雨に強い」の前評判通り、暴風雨で周りのテントが続々と水没するなか、
こいつだけはビクともせず、なかなか心強い相棒です。
取材先にも持っていったので、100泊以上使ったかな。
前室がかなり広く、使い勝手がすこぶるよいのも気に入ってます。
 ◇◇◇
とはいえ、最近はずいぶんくたびれ気味のご様子。
後継にMSRのハバハバHPを検討中ですが…高いっ…。

写真がないため、ここに載せられなかったモノも含め、
 いくつものテントを渡り歩いてきたワケですが、
 僕がテントを選ぶ際の基準は、機能だけでなく、
 見た目の美しさというか滑らかさも重視しておりまして、
 たとえるなら、女性を思わせる曲線美とでもいいましょうか。
 ――というと、いつも白い目で見られてしまい…(汗汗汗)。

【追記】
その後の顛末



by nandakadays | 2010-09-22 23:00 | FAVORITE | Comments(2)

湖畔TIME

f0234982_12301956.jpg
連休。天気もよさそうなので、GW以来のcampへgo!

f0234982_12253232.jpg
長ーい渋滞を抜けると、富士山がひょっこり!

f0234982_12254591.jpg


f0234982_12261231.jpg
今回は富士五湖のひとつ「西湖」近くのキャンプ場へ初潜入。
タープを張り、取り急ぎ茶豆なんぞをいそいそ茹でたあとは、
早々に昼前からアルコールTIMEに突入という腑抜けっぷりです。
 ◇◇◇
おなじみ?酒舗石塚の若様に選んでもらった鳥取のお酒「千代むすび」純吟は、
辛口ながら、旨口の奥深さも備えた味わいで、「さすがは若様!」と感心しきり。
で、ついでに持ってきたDuvelも、あっという間に空になってしまい…。

f0234982_12263115.jpg


f0234982_12263925.jpg


f0234982_1230587.jpg
このままでは暗くなる前に酔いつぶれてしまいそうなので、湖畔までテクテク…。

f0234982_12264683.jpg


f0234982_12265499.jpg
ランタンに火を灯し、焚火の炎をぼんやり眺めながら、尽きることなく再びチビチビ…。

観光もせず、結局、酒飲んだだけで帰ってまいりました(苦笑)。


by nandakadays | 2010-09-20 14:00 | JOURNEY | Comments(6)

From 天袋

f0234982_14362844.jpg
追憶の1985年…つって。

 ◆◆◆
猛残暑もひと段落?
にしても拙借家の暑さは尋常でなく、加えて2階の押入れ上の天袋は、
屋根からの熱がグリグリ入り込んでくるものだから、もぉどうにもならず―。
 ◇◇◇
そんなワケで、この夏は極力開閉しないで過ごすようにしていましたが、
暑さが収まった昨日、スキを突いて天袋を開け、探しモノをゴソゴソ…。
すると、ある段ボールから、忘れかけていたチケットの半券がひょこり。
しかも、僕が大学2年生だった1985年のものばかり。
「なんで1985年?」と思いつつ、一つずつ眺めていたら、当時の記憶が―。

f0234982_9301582.jpg
大学同期のY下と行くはずだった佐野さんのLIVE。
前から5列目の席をゲットし、意気揚々と会場に着いたところ、
隣の席には、なぜかY下が思いを寄せるN岸嬢の姿が…。
事情も分からず、とりあえずN岸嬢と2人で盛り上がってきましたが、
Y下の意味不明な歪んだ小細工は、いったいなんだったのか?
ちなみに半券は105mm×27mmの極小サイズ。よく無くさなかったな、と。

f0234982_930257.jpg
同期のY浦が、連日のチケットを買い占めているとの情報を得たので、
「オイ、こっちにも少し回せよ」と脅して、公演当日に入手したもの。
3階席だったので、B.スプリングスティーンの姿は豆粒程度でしたが、
生「BORN TO RUN」で盛り上がれたし、よかったよかった。

f0234982_9303592.jpg
バート・ランカスター渋くてよかったけど、NHKホールでの映画鑑賞は今一つ…。
ルイ・マル監督も、やっぱ「死刑台のエレベーター」のほうが…と消化不良気味。
TIFFはこのときが第1回。ということは、今年で26回目?!
と思ったら、なぜか23回とか。最初の頃は隔年開催でしたか(汗)。

f0234982_9304341.jpg
国立競技場で行われた伝説(たぶん)のイベントALL TOGETHER NOWへ、
どういう経緯だったか、中学同期のO津、K保といそいそ。
僕のお目当てははっぴいえんどでしたが、拓郎さんがMCをやったり、
一夜限りのサディスティック・ユーミン・バンドが結成されたり、
最後にシークレットゲストでサザンが登場したりと、当時活躍中の面々が勢揃い。
競技場を彩るレーザー光線の美しさが、今でも脳裏に甦ってきます。
そういえば、オフコースが「君を抱いていいのー♪」と唄うと、
「抱いてー!」と叫ぶ女の子がいたりして、なかなか笑えました。
ニッポン放送でOAされたエアチェック音源、家のどこかにあるはずですが…??

f0234982_9305720.jpg
マウンテンパーカーにワークブーツを履き、
いつも通り赤いディパックを背負って会場に到着すると、
周りは黒づくめのおしゃれな若者ばかり。
ECHOESがヴィジュアル系バンドだったとは露知らず、
アウトドア系の自分だけ思いっきり浮いていて、冷や汗モンでした。
当時、僕のバイト先のローソンの常連客だった辻さんが、
その後、あんな有名人になるとはね、いやはや。
(唄が下手なのは、当時のママですが…〔笑〕)

f0234982_9311791.jpg
前年、中野サンプラザでのチケットを取り損ねていただけに、
リベンジで挑んだタツローさんのLIVE。
1985年をこれで締めくくるつもりでしたが、新たに起用したキーボード奏者が、
レパートリーの曲のイントロを弾けなかったらしく、ツアーが急遽延期に!
ということで、チケットには1985年12月28日とありますが、
ぢつは翌年の5月頃に聴きにいった、いわくつきの半券であります(涙)。

f0234982_9312519.jpg
こちらも一緒に挟まってましたんで、前年分ですがオマケまで。
 何度電話かけてもつながらず、結局サンプラザ分が売り切れてしまい、
 仕方なく、大学同期のN海と千葉まで出かけるハメに。
 ツアー初日だったので、いろいろぎこちない面もありましたが、
「Christmas Eve」も初めて聴けたし、ま、結果オーライでしたかねぇ。
 千葉からの帰り道が、思いっきり遠かったですけど(苦笑)。
  ◇◇◇
 ところで他の年の半券は行方知れず。なぜ1985年だけ残っているのか?
 我ながらフシギでなりまへん。


by nandakadays | 2010-09-10 10:00 | FAVORITE | Comments(4)

朝の点景 September 7, 2010

f0234982_11321324.jpg
ようやく潮目が変わった、カモ?

f0234982_11322349.jpg


f0234982_11323019.jpg


f0234982_1132372.jpg


f0234982_11324676.jpg


f0234982_11325428.jpg


f0234982_1133263.jpg


f0234982_11331047.jpg


f0234982_11331894.jpg


f0234982_11332717.jpg


f0234982_11333589.jpg


f0234982_1133457.jpg


f0234982_11335296.jpg
生粋の井の頭住民・タイチくん曰く、
「公園の池、すごい緑色なんで、ビックリしちゃった」とのこと。
はたして酷暑とアオコの関係や、如何に!
流れ出る神田川も干上がり気味で、カモたちも必死?の形相です。

肌に触れる空気が、今朝は心なしかひんやり…。
 気のせいでなければウレシイんですが、はてさて。


by nandakadays | 2010-09-07 12:00 | DAYS | Comments(2)

残暑モンモン

f0234982_8432794.jpg
眠れない夜が~いつまで続くやらっ!(by 泉谷しげる♪)

f0234982_1956272.jpg
伊勢丹の撤退したエフエフビル前で、異常にクソ暑い夏のあいだ、
聴衆がいてもいなくても、ずっと開かれていた無料路上ライブも今日が最終日。
拙のBD祝いを兼ねて…ということではないでしょうが、最後に泉谷さんが登場!

f0234982_19563865.jpg
お隣の南町在住・楳図センセ(74歳)も前座?で張り切っておりました。

f0234982_19564846.jpg
1曲目の「翼なき野郎ども」から、街中大騒ぎとなった「野性のバラッド」まで、
観ているこちらも汗だくの1時間30分! 「眠れない夜」もしっかり唄ってくれましたよ
にしてもこの残暑、い・つ・ま・で・続くやらっ!

f0234982_19565698.jpgすっかりコーフンした泉谷さんが
 ステージ上から投げたペットボトルが
 僕の目の前にコロコロ…。
 BDの記念にいただいておきました(笑)。


by nandakadays | 2010-09-05 20:00 | NANDAKA | Comments(0)

10周年

f0234982_1632767.jpg
渾身?の記念品です。

f0234982_1423398.jpg
独りお盆の夜、最後に顔を出したbar「First CIRCLE」へ昨晩もいそいそ♪
例年、「◎周年記念」と銘打って、オリジナルTシャツなど作っていましたが、
区切りの10周年記念品はオリジナル巾着!

f0234982_14225421.jpg
ぢつはこれまで記念品を買ったことはなく、また◎周年記念の催しに誘われても、
面識のない人に挨拶するのが面倒なので、あえてお断りしてきましたが、
今年の巾着は、都内の業者複数からサンプルを取り寄せ、作成しただけのことはあり、
素材の布やサイズはもちろん、紐通しの部分から内ポケットまで徹底したこだわり。
この出来で2200円なら高くないだろうと、喜んで買ってしまいました。

月曜休、と謳っていながら、ちょくちょく休んでること多し。
 まったく何度空振りに終わったことか…ホント困ったモンです。
 それでも店の移り変わりが激しい旧近鉄裏で10年続けていられるのは、
 吉祥寺のオモテもウラも知り尽くした加藤さんの底力かと…たぶん(笑)
 10周年の記念日は9月7日。今年くらい顔を出そうか、思案中です。


by nandakadays | 2010-09-04 15:00 | FAVORITE | Comments(4)

From Otaruハナゾノ

f0234982_845884.jpg
中身はいったい?

 ◆◆◆
送り主は、以前バランスボールネタでも触れたことのある、洋食台処なまらやさん。
最近になって始めたブログを覗いたところ、月の図柄のTシャツを復刻したというので、
早速、注文してみました(本当は早くお店に行ってみたいんですけど、遠いモンで…)。

f0234982_8455474.jpg
紫が僕、黒が家人用です。
にしても、室内だと紫の色合いが全然出ないなぁ。

f0234982_8461386.jpg
ということで、未だ右手薬指の腱鞘炎が治らず、
昨日もリハビリのため豪徳寺へ出かけたので、ついでに初外出。
デイライトだと、こんな色合いです。う~ん、まだ少し違うような。
(なぜか、世田谷線の線路上におりますが)

さらに、ぼろもうけTシャツも増刷したとか。こっちも気になる。
 (ちなみにサイズはゆったりめでした)


by nandakadays | 2010-09-01 12:00 | DAYS | Comments(2)