<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

火鉢納め

f0234982_11125791.jpg
ガンガンに火熾し中。

f0234982_11133358.jpg
昨年10月の火鉢開き以来、我が家の茶の間に居座ってきた桐火鉢クン。
急に冷え込んだ昨晩、最後のくぬぎ炭を投入し、今シーズンの御役御免です。

f0234982_11134611.jpg焼き物を用意してなかったので、
 特売で購入したエリンギを並べ、
 安直に締めくくりました。
by nandakadays | 2010-05-30 11:00 | DAYS | Comments(0)

アナログなれど

f0234982_1154842.jpg
iPad上陸。はてさて。

 ◆◆◆
このタイミングを図ってSONYも電子書籍端末事業に本格参入とか。
紙面では「活字文化云々」なんて言葉がもっともらしく躍ってます。

f0234982_11423311.jpg
昨晩は20年前の同僚高橋女史(同期で同い歳)と渋谷で深酒。
ご多分に洩れず、彼女の口から「紙の本が…」なんて話題も出ましたが、
末端の拙があたふたしたところで、どうにもならないと思っているので、
ゲラ箱で活字を組んでいた最後の世代の生き残りとしては、
今後は、アナログだけどアナクロではないあたりで棲息できればと。

女史が携わった本を2冊いただきました。
 10年以上音信不通だった時期もありましたが、
 お互いしぶとく生き延びてますのぅ(笑)。

f0234982_10102279.jpg知っておきたい映画監督100 日本映画編』
  A5判/並製本/256頁/本体価格1800円/
  キネマ旬報社(東京)/
  ISBN978-4-87376-317-5

←その昔、僕が撮った監督の顔写真が
 何点も掲載されていてビックリ仰天。
 ちなみに奥付の執筆者・スタッフリストには
 見覚えのある懐かしい名前がゾロゾロ…。
 みんな、結構しぶといです(笑)。

f0234982_10103962.jpg
←ちょうど僕の在職時に、
 写真整理のバイトでやってきた島岡くんが、
 今ではチーフ・デザイナーで頑張ってます。
 独学ながら、その努力たるや感服のひとこと。
 頭が下がります。


by nandakadays | 2010-05-28 11:00 | NANDAKA | Comments(2)

MONDAINE

f0234982_1893018.jpg
動いたり止まったり…。

 ◆◆◆
「モンダイね」…と読むのではなく、
スイス国鉄オフィシャル鉄道ウォッチというふれこみで、
近頃ちょくちょく見かけるようになった「モンディーン」。
かれこれ7年ほど使い続けている我が相棒ですが、
洒落た赤い秒針に加え、何より見やすいのが気に入ってます。
 ◇◇◇
ところが、ここ最近、いきなり止まったかと思ったら、
不意に進みだしたりと、どうにもご機嫌ナナメのよう。
 ◇◇◇
表面のガラスをはじめ、気づけばあちこち傷だらけ。
しかも暑い夏、毎年革ベルトを交換するくらい汗まみれになってたもんで、
そろそろリタイアの潮時なのでしょうか。うーん、大きなモンダイだっ!

f0234982_189488.jpg春先に電池を交換したばかりだし、
も少し頑張ってほしいもんですが、
はてさて如何に。

我が細腕に巻いて撮影してみたところ、
 カタログ風写真になってしまいましたが、
 メーカーの回し者でございませんので、
 一応念のため。
  ◇◇◇
 ちなみに純正革ベルトは高いうえ、
 大抵取り寄せになり面倒なので、
 今は不釣り合いなゴムベルトで
 なんとか日々を凌いでおります。  


by nandakadays | 2010-05-24 19:00 | FAVORITE | Comments(0)

寄り道日和

f0234982_10515843.jpg
ママチャリで浜田山まで探し物。用事を済ませ、住宅街へ。

f0234982_10522138.jpg
不意に目に飛び込んできたのは、「駄菓子福や」のしょぼい看板。
隣の小・中学校の縄張りだったので、滅多に訪れることはなかったものの、
それでも何度か通った記憶が、一気に脳裏に甦り…。
 ◇◇◇
さびれた店内を覗くと、子ども2人と無愛想なオヤジがポツン。
昔遊んだブロックくずしやインベーダーゲーム、
それに店番のおばちゃんの姿は、もちろん影もなく。

f0234982_13284380.jpg
毎度ゆるい空気感がたまらない善福寺川へ。
高校時代、独りで黙々と走っていた川畔の道も、
今ではすっかり緑が濃くなっていました。

f0234982_1336022.jpg
生きる昭和の遺構、と呼んでは住民に失礼ですが、
巷で注目を集める公団阿佐ヶ谷住宅にもフラフラ。

f0234982_1053829.jpgのんびりしすぎ日が傾き始めてしまったが、
 せっかくなので「ツェルマット」に立ち寄り、
 その場でカスタードクリームを詰めてもらった
 天然酵母パンで束の間のコーヒーブレイク。
  ◇◇◇
 寄り道サイクリングの仕上げに、
 西荻で夕餉の食材を買い集めてから、
 日の暮れた自宅へ戻ってきました。
by nandakadays | 2010-05-23 11:00 | DAYS | Comments(0)

芝パークビル

f0234982_1229176.jpg
the 5th floor, shiba-park building, 1990.

f0234982_170261.jpg
先般のADLIBに続き、
Swing Journalも休刊とか。

異業種からの転職ゆえ、全くの編集ド素人の僕が、どういうことか
映画雑誌『キネマ旬報』編集部に潜り込んだのは、1990年春先のこと。
飯倉交差点と東京タワーの間に建つ雑居ビル5階の一室から始まった
我が編集稼業も、流浪の末、気づけば丸20年と3ヶ月が経ちました。
 ◇◇◇
当時、映画業界は映画館数や興行収入がどん底で、部数や広告収入も激減。
しかも入社早々、会社が買収の憂き目に遭い、「これからどうなるのだろう?」と
不安な気持ちに苛まれたのも、ついこの前のことのようです。
 ◇◇◇
一方、階下のスイングジャーナル社は、活気溢れる洗練された雰囲気で、
薄給の我が身を嘆きつつ、どこか羨望のまなざしで眺めていた気がします。

f0234982_18222735.jpgJAZZには疎い僕ですが、
一度だけJAZZ絡みの映画の批評原稿を
評論家の岩浪洋三氏に依頼したところ、
快諾いただいたうえ、書き終えた生原稿を
わざわざ会社まで届けてくださいました。
実は岩浪氏はSwing Journalの元編集長で、
このビルに来るのを楽しみにしていたとか。
それも知らずに原稿依頼しているのだから、
失礼千万というか若気の至りというか。
誠にお恥ずかしい限りでして…。
 ◇◇◇
休刊の記事とともに、
古ぼけたビルでのそんな日々を、
フト思い出していました。

ある日、顔を合わせたスイングジャーナル社の社員から、
 「よく山行くんですか?」といきなり切り出され、ビックリ!
 映画雑誌の編集後記に登山ネタばかり書いていたので、
 変なヤツと思われていたらしく、前から気になっていたとか。
 今も昔も、どこで誰が読んでいるのか、わからないもんです。


by nandakadays | 2010-05-18 18:00 | NANDAKA | Comments(2)

銀ブラ

f0234982_10544627.jpg
ホコ天でした。

f0234982_1055176.jpg
名古屋在住・花井麻弓子嬢の個展最終日。
家人のお伴で、いそいそと土曜午後の銀座へ。
急遽、ブツ撮りを依頼され、俄か人間三脚に変身。
手ぶれ寸前のスローシャッターでパチリパチリ。
気合い入れ過ぎて、足がパンパンになりました。

f0234982_10553192.jpg









あちこちでこんな光景が。

f0234982_10555020.jpg










      大安吉日だそうで。


f0234982_1056228.jpg




珍しくお茶したり。

帰路、古き良き大衆酒場「三州屋」で、名物・鳥豆腐を片手にビールをぐびびっ。
 んまかったー。


by nandakadays | 2010-05-16 11:00 | DAYS | Comments(2)

リラックス♪

f0234982_18222154.jpg

before

f0234982_18223452.jpg

after

ヨガの前後、阿佐ヶ谷の区民センターに置いてある測定器で血圧チェック。
血圧自体に変動はありませんでしたが、わずか2時間で脈拍数が激減。
恐るべし、です。

講師のハットリさん(本業は区立小のベテラン事務員さん)も
 短時間での数値の変動を知ってビックリしてました。


by nandakadays | 2010-05-10 19:00 | NANDAKA | Comments(0)

おいしい遭遇

f0234982_1357421.jpg
不意に目に留まりました。

f0234982_13582957.jpg呼吸法に興味があり、先月から顔を出し始めた
ヨガの会(月謝500円!)のため阿佐ヶ谷へ。
すっきりしたあとは地元在住のライターさゆり嬢
オススメのビストロ「創美味(そうま)」でランチ。
その後、駅前の並木道をブラブラ歩きながら、
時折お邪魔している「土の記憶」へ向かうと、
入口脇の棚全面に、どこかで見たうつわが…。

「あのぅ、これは北海道の方の作品ですか?」
「ええ、そうですよ」
「もしかして、オショロとか」
「オショロ??」
さすがに、「忍路=オショロ」は読めなかったようですが、
小樽市忍路に工房を構える作家・馬渡新平さんの作品であることが判明。
で、ド素人の僕が、なにゆえそんなことに気づいたのかといえば、
北の姐御の本に載っていた記憶が、おぼろげにあったからでして。
それにしても、こんなところで遭遇するとは。

f0234982_1359935.jpg
先日、ご飯茶碗をうっかり割ってしまったばかりなので、
思いがけない出逢いを喜びつつ、素朴な飯碗を手に入れました。
(早々に湯で湿らせてから、さっそく使ってます。もぐもぐ)

f0234982_13592713.jpg旧拙ブログでも一度触れましたが、
 めでたく2刷ということで改めて070.gif
 『北海道のうつわびと』
   森廣広絵企画・文 森廣智幸写真
   A5横判/並製本/160頁/
   本体価格1400円/中西出版(札幌)/
   ISBN978-4-89115-205-5


by nandakadays | 2010-05-09 15:00 | FAVORITE | Comments(1)

水源TIME

f0234982_12302049.jpg
吹き抜ける風が心地よいのだ。

f0234982_22353166.jpg
例年、GWにはテント担いで近隣の山へ向かっていましたが、
今年は準備不足で断念。急遽、車を借りて、いざ水源の森へ。
 ◇◇◇
とはいえ、いわゆるオートキャンプ用品は、ほとんど手放してしまったので、
登山用のバーナーをはじめ、以前、北の姐御からいただいたBBQ用コンロなど、
手元にある道具をかき集め、どうにかこうにか準備完了。
 ◇◇◇
持ち込んだお酒は、我が家の定番「仙禽」(今回も酒舗石塚で入手)と、
大塚屋のおばちゃんオススメの芋焼酎「玉露 甕仙人」です。ムフフ。

f0234982_22354748.jpg
焚火の暖かさが、酔った身に沁みました。くぅ~。

f0234982_2236037.jpg

輸入食品検査に引っかかり、
 かれこれ1年以上待たされた
 MSRのコッフェルQUICK2systemが
 ようやく入荷し、やっと手元に!
 今回、無事デビューを飾りました。
 これからも頼りにしてます。


by nandakadays | 2010-05-05 23:00 | JOURNEY | Comments(2)

本日付

f0234982_1874095.jpg
soon?

f0234982_1875815.jpg
デザイナーさんに頼まれて、
過去作品の表紙画像なんぞをスキャンしていたら、
周囲からそそのかされ、なぜかHPを立ち上げるハメに。
 ◇◇◇
そんなこんなで3月には独自ドメインを取得し、
併せてサーバーも借りていたのですが、
ついウダウダしているうちに、気づけば5月。
 ◇◇◇
さすがにダラダラしすぎているので、
とりあえずHPビルダーを取り込み、TOP PAGEだけ作成。
サーバーに放り込んで、一応開設に至りました。

いつになったら完成するやら…。


by nandakadays | 2010-05-01 18:00 | NANDAKA | Comments(0)