荒船・妙義[3]

f0234982_18275210.jpg
at 5:30 a.m. on May 5, 2017



f0234982_18281832.jpg
@道の駅みょうぎ
 ◇◇◇
これまでは上信越自動車道から眺めるだけだった、奇怪な山容の妙義山が目の前に…。

f0234982_18281919.jpg
なんて朝早くから感慨に耽っていたのも束の間、
思い立っていきなりやってきただけのことはあり、完全な事前リサーチ不足を露呈。
今日歩くつもりの中間道と呼ばれる一般登山道は、落石の影響で今年2月から通行止とか。
いやはや、やっちまった感アリアリでございます(>_<)

f0234982_18351890.jpg
当初の予定では現在地()に車を置いて中間道を歩き、石門をめぐって戻るつもりでしたが、
仕方ないのでまずは第2見晴まで往復し、中之岳駐車場()に移動後、石門をめぐることに。
(案内所に置いてあったイラストマップに加筆。写真をクリックすると画像を大きくできます)

f0234982_18281913.jpg
ひとまず登山口にあたる妙義神社へ向かうこととしましょう。
(僕の前を歩く男性はヘルメットを携え、今から上級者向けのコースへ挑むようです)

f0234982_18282023.jpg
長い石段の先にある本殿前には、目を引く唐門が控えていました。

f0234982_18282057.jpg
拝殿で登山の安全を祈願してから、中間道へと入ります。

f0234982_18281833.jpg
傾斜のゆるい散歩道程度と思っていましたが、出だしから意外にちゃんとした登りもあったりして。

f0234982_18285623.jpg
神社から10分ほどで第一見晴(地図では第1見晴)に着きました。

f0234982_18285658.jpg
おー、これはなかなかの眺め。どうやら妙義山の一角を形成する金鶏山のようです。

f0234982_18285672.jpg
さらに心地よい登山道をスタスタ。

f0234982_18285765.jpg
巨岩も現れ、徐々にそれっぽくなってきます。

f0234982_18285772.jpg
で、警告どおりここから先は立入禁止になっていました。

f0234982_18285890.jpg
ということで、第二見晴(地図では第2見晴)に立ち寄ってから戻ることにしましょう。

f0234982_18285815.jpg
第一見晴からは見えなかった金鶏山の右半分(左)から金洞山(右)までがよく見通せます。

f0234982_18285619.jpg
で、金洞山の右に延びるのが、「道の駅みょうぎ」から見えた白雲山の一部です。
この場所から見る限り、金洞山はちょっとした岩峰にしか思えませんでしたが…。(つづく)
by nandakadays | 2017-05-09 18:00 | TREKKING | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 荒船・妙義[4] 荒船・妙義[2] >>