黒百合・天狗[4]

f0234982_1545517.jpg
風は依然強いままなので、西天狗岳へ向かうか逡巡しましたが、青空の魅力には抗えず、足を運ぶことに。



f0234982_1545127.jpg
遠目には分かりませんでしたが、西天狗岳手前のコルは、この日一番の烈風が吹き抜けており、
油断すると体ごと谷底へ持っていかれそうなほど猛烈なので、急いで通り過ぎていきます。

f0234982_1545199.jpg
烈風ゾーンを抜けたあとは、東天狗岳を背に西天狗岳への登り返しが待っていました。

f0234982_15452566.jpg
そんなこんなで西天狗岳(2646m)にも到着です。ヤッホッホー♪♪♪

f0234982_15453123.jpg
何やら、しみじみしているようでして。

f0234982_1831276.jpg
僕自身もヘナチョコ隊の隊長として、それなりに感慨深いものがあります。

f0234982_15454280.jpg
ひとしきり西天狗岳での至福の時間を満喫してから、往路を戻ることとしましょう。

f0234982_15465344.jpg
名残惜しく、僕も遅れて西天狗岳をあとにしました。

f0234982_15465911.jpg
うっかり滑って転げ落ちないよう、慎重に下っていきます。

f0234982_1547691.jpg
朝のうちは見えなかった北アルプスも、ようやく霧ヶ峰越しに顔を覗かせてくれたようでして。

f0234982_15471297.jpg
ともあれケガをすることもなく、テントの面々もすでに撤収を済ませた黒百合ヒュッテに無事戻ってきました。

f0234982_15471871.jpg
小屋に預けておいた荷物を受け取り、チェーンスパイクに履き替えてから、奥蓼科登山口を目指します。

f0234982_15472326.jpg
下山後、家路に就く我々を、居並ぶ八ヶ岳の峰々(左奥が天狗岳)が見送ってくれました。【了】


by nandakadays | 2017-01-09 15:00 | TREKKING | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 朝の点景 January 16... 黒百合・天狗[3] >>