黒百合・天狗[1]

f0234982_1447872.jpg
at 9:00 a.m. on January 4, 2017@長野県茅野市:奥蓼科登山口(標高1880m)



f0234982_14384433.jpg
てなワケで、登山口近くの駐車場を管理する渋御殿湯に支払いを済ませてからトコトコ。

f0234982_14385175.jpg
「奥蓼科補導所」との妙な名のついた小屋の前で登山届を出していきましょう。

f0234982_14385863.jpg
さてさて、2017年最初の山歩きに訪れたのは、八ヶ岳の天狗岳であります。
 ◇◇◇
天狗岳といえば、[天狗・黒百合]と題し、2016年10月に報告したばかりの場所ですが、
そのときは東麓の登山口から天狗岳を目指し、黒百合ヒュッテ前でテント泊というルート。
今回は反対側の西麓から一気に黒百合平へ向かい、初日はそのまま黒百合ヒュッテ泊。
翌日に天狗岳を目指し、登頂後は往路を戻ることとします。(今回もヤマプラの地図を加工しました)
 ◇◇◇
実は昨年10月に天狗岳と黒百合平へやってきたのは、今回の下見も兼ねてのこと。
不慣れな雪山歩きを前に、あらかじめ周辺の地形を把握しておくのが目的の一つでした。

f0234982_1439427.jpg
とはいえ、奥蓼科登山口から黒百合ヒュッテまでは初めて歩く山道なので、今一つ勝手が分かりません。

f0234982_14391136.jpg
登山口からヒュッテまでのアプローチ用に装着したのは、チェーンスパイクなる代物です。
チェーンに小さな爪が付いた簡易滑り止めでして、軽アイゼンに比べて歩きやすそうなので、
下山用に用意しましたが、少しでも慣らしておこうと、登りでも使ってみることにしました。

f0234982_14392123.jpg
歩き始めは、案外傾斜のある道が続いています。

f0234982_14392745.jpg
1時間ほど登り続けると、パノラマコースとの分岐が見えてきました。

f0234982_14393567.jpg
さらに平坦な尾根道を抜け、唐沢鉱泉との分岐も通過です。

f0234982_14394037.jpg
初訪問なので夏道の様子が分かりませんが、どうやら沢の上にルートが延びているようです。

f0234982_14395097.jpg
頭上を覆っていた木々が少なくなってきましたが、上空はどんよりとした曇り空でした。

f0234982_14395711.jpg
ポンと開けた場所は、なんとなく黒百合平周辺の雰囲気に似ています。

f0234982_1440344.jpg
と思ったら、記憶は正しかったようで、すぐさま見覚えのある黒百合ヒュッテが見えてきました。
小屋の前では、正月休みの名残か、多くの登山者が思い思いに過ごしています。

f0234982_1440893.jpg
前回、僕が寒い思いをしたテント場には、ツワモノたちが数張。しかもカミナドームが!!(これは2人用)

f0234982_14401484.jpg
何はともあれ、正月飾りが掲げられた小屋の中へ入るとしましょう。

f0234982_1440202.jpg
ちょうど昼時だったので、宿泊受付を済ませたついでに、小屋の名物らしい「ビーフシチュウセット」を注文。
山小屋で昼食を食べること自体初めての体験だけに、かなりのぜいたく気分であります。ありがたやー。


by nandakadays | 2017-01-06 18:00 | TREKKING | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 黒百合・天狗[2] 謹賀新年 January 1,... >>