2016夏@涸沢・奥穂[2]

f0234982_155155.jpg
テントを張る前に、涸沢ヒュッテのテラス席で至福のYEBISUをグビビ



f0234982_1552506.jpg
長野県警の詰所前掲示板には、遭難情報に混じって、翌日・翌々日の好天予報も!

f0234982_15525827.jpg
涸沢のテン場は岩が多くデコボコしていると聞いているので、商魂に屈し、コンパネを借りることにしました。

f0234982_1553664.jpg
適地を見定めてからコンパネをセットし、その上にテントを組んでいきます。

f0234982_15531518.jpg
ペグがほとんど刺さらないので、ガイラインは付近の石で固定しました。

f0234982_15532217.jpg
気づけば雲が稜線を覆い始めましたが、
ともあれ、雷雨になる前にヌプカ2を張り終え、まずはひと安心です。

f0234982_15533152.jpg
逆側から見たテン場はこんなカンジでした。

f0234982_15533883.jpg
ようやく人心地ついたので、今度はヒュッテの自販機で買った一番搾りをテント前でプシュー♪♪

f0234982_15534521.jpg
どういう風の吹き回しか、出発前日に前触れもなく拙宅に届いたのがコチラの登山地図。
送り主はヤマケイの御局様・まるどん嬢で、折皺が入って売り物にならない「ヤレ本」なのですが、
どうして我々が穂高に行こうとしているのを知っているのか、その点が大いなるナゾでありまして…。
 ◇◇◇
拝受感謝メールを送ったところ、「捻挫しているのに山登り行くのね。無理は禁物」との返信アリ。
たしかに患部の右足首にテーピングを施しているので、少々無理してますが、なんとかなるかなと。

f0234982_15535310.jpg
計画を僕にまかせっきりの妻は、今頃になって頂戴した登山地図を広げ、
現在地や明日のルートを必死に確認しているよう。身内ながら、いい加減だなぁ(汗)

f0234982_1554199.jpg
晴れたり曇ったりの繰り返しですが、幸いにも雷雨予報は外れた模様。
気づけば薄暗くなってきたので、そろそろ夕餉の準備に取りかかりましょう。

f0234982_1554810.jpg
今宵のメインは鍋風のワンタン野菜スープです。

f0234982_15541528.jpg
ミニロースターで炙ったチーズ入り笹かまは、赤ワインに合いますなぁ。

f0234982_15542235.jpg
夜が更けると、翌日の好天を約束するかのような星空が広がり始め、
前穂高岳と奥穂高岳を結ぶ吊尾根からは、豪快な天の川が立ち昇っておりました。


by nandakadays | 2016-08-10 12:00 | TREKKING | Comments(2)
Commented by masashiw2 at 2016-08-10 18:37 x
お疲れ様です。素敵な涸沢生活!
星空もきれいに撮れるものですね。山頂からの景色も期待です。
Commented by nandakadays at 2016-08-11 09:37
涸沢初訪問にしては出来すぎの星空が広がっていましたので、
コンデジを据えた超ミニ三脚に30秒間頑張ってもらいました。
名前
URL
削除用パスワード
<< 2016夏@涸沢・奥穂[3] 2016夏@涸沢・奥穂[1] >>