馬頭刈尾根[1]

f0234982_10394564.jpg
January 14, 2016@東京都西多摩郡檜原村三都郷



f0234982_10395622.jpg
冷え込む朝、武蔵五日市駅からのバスに揺られ、千足バス停で下車したのは僕ひとり。
2016年初っ端の月イチ山歩きのために訪れたのは、馬頭刈(まずかり)尾根であります。
 ◇◇◇
実を申せば、こちらへ来ることを決めたのは前夜のこと。
天気予報によれば、この先しばらく寒気が居座るというので、
今のうちに今月分のノルマ(?)をこなしておこうと思い立ったものの、
肝心の行き先を決めかねており、おなじみ(!)山岳書編集者のO竹氏が編集・制作した
山歩き安全マップ ステップアップ 奥多摩・高尾」(JTBパブリッシング)をパラパラめくりながら、
以前から気になっていた「つづら岩」に立ち寄るこのコースを、なんとなく選んだ次第です。

f0234982_1040347.jpg
てなワケで、件のガイドブックにあった地図をそのまま転用させてもらいましたが、
千足バス停からつづら岩へ向かい、馬頭刈尾根を通って瀬音の湯へ下山することとしました。

f0234982_10401094.jpg
まずは、氷点下の凍てつく車道をしばしテクテク。

f0234982_1040168.jpg
すでに林業関係者の方々が働いている脇をコソコソ。

f0234982_10402483.jpg
ほどなくすると車道が終わり、登山道が始まるようです。

f0234982_10403463.jpg
と、いきなり渡渉のジャブが。これは気を抜けません。

f0234982_10404274.jpg
しばらくは平坦な道だろうと勝手に想定していましたが、意外にも険しい道が待ち構えておりました。

f0234982_10404990.jpg
最初に目指す天狗滝の手前に、露払いのような小天狗滝がひょっこり登場です。

f0234982_10405751.jpg
さらにもうひと登りすると、落差38mのなかなか立派な天狗滝が現れました。
ここしばらく降水はないようなので、通常より水量は少なめかもしれませんが、
この空間を独り占めしている気分は、なかなか悪くありません。

f0234982_1041466.jpg
気づけば登山道にも、ようやく朝の光が射し込んできたようです。

f0234982_10411170.jpg
続いて登場した綾滝は、落差21mではあるものの、糸を引くような流れがなかなか神秘的で、
思わず脱帽し、一礼してしまいました。

f0234982_10412081.jpg
日陰には雪が残っているようなので、気を引き締め直してから上を目指します。


by nandakadays | 2016-01-16 20:00 | TREKKING | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 馬頭刈尾根[2] 朝の点景 January 13... >>