三頭山[3]

f0234982_22445567.jpg
山頂到着時刻によっては行動食で昼飯を済ませようかと思いましたが、少しは遅れを挽回できたので、
急いで湯を沸かし、大量発汗で冷えた体を棒ラーメンで温めてから、いざ正念場の下山開始です。



f0234982_2245257.jpg
と、いきなり出鼻をくじかれるような雪が登山道脇に張りついています(汗)

f0234982_22452198.jpg
ソロリソロリと歩いていくと、ほどなくして雪は見えなくなりました。ホッ…。

f0234982_22452877.jpg
なんて油断していると、件の急な下り坂の登場です(汗汗)
[登山道を落ち葉が覆いつくしているので傾斜の程度が分かりにくいのですが、夕方でもないのに、
僕の影が細長ーく延びているのが、急傾斜の証です…っていっても、やっぱり分かりにくいですが]

f0234982_22453561.jpg
ともあれ、落ち葉で足元がはっきり見えないため、うっかり滑り落ちないよう注意して下ります。

f0234982_22454598.jpg
緊張の連続のなか、木々の向こうを見ると、奥多摩湖がチラチラ見えてきました。

f0234982_2245533.jpg
ちょっとばかり苦労しましたが、難所を切り抜け、気づけばヌカザス山に到着です。
「ヌカザスって、こんな字だったんだ」と思いながら、「大した傾斜でもなかったな、フン!」と、
誰もいないピークで、少しばかり調子に乗ったりして。

f0234982_22501166.jpg
と気が緩んだのも束の間、ヌカザス山の先は、行く手も見えない急斜面になっておりました(汗汗汗)

f0234982_2246610.jpg
それにしても、とんでもないく下り坂が続くこと続くこと。失念しかけていた10年前の悪夢が一気に甦ります。

f0234982_22461261.jpg
しかも、その先には急な上りもあったりして、なんとも厄介な尾根であります。

f0234982_22502298.jpg
今度こそ難所を切り抜けたようで、たぶん10年前も口ずさんで馬鹿にされた
伊代ちゃんの「センチメンタル・ジャーニー」を口ずさみながら、さらに下っていきます
今月配信「センチメンタル・ジャーニー まだ50歳ver.」では「伊代はまだ50だから」と唄ってるとか(>_<)

f0234982_22503075.jpg
かなり疲労が溜まってきましたが、登山道の傾斜も緩み、下界が近づいてきたようです。

f0234982_22503652.jpg
歩き始めは、「もしかするとヘッドランプの登場かも」とヤキモキしていましたが、
どうにか足元が暗くならないうちに、奥多摩湖畔の周遊道路にたどり着くことができました。

f0234982_22504157.jpg
長い下山路からようやく解放され、バス停へ向けてテクテク。
10年前はこの時点でかなりヘロヘロだったことを思うと、加齢に抗い、少しは体力もUPしたようでして。

f0234982_22504783.jpg
拙宅御用達の「三頭の名水」に立ち寄り、ささやかなおみやげに、水を詰めて帰りました。

f0234982_22505349.jpg
仕上げに、奥多摩湖名物の浮橋を渡れば、バス停はもうすぐです。

f0234982_22505917.jpg
朝、直通バス運休を知ったとき、一度は諦めかけたゴールに無事到着し、感慨もひとしおです。
ちなみに忘れたと思っていた地図は、いつも入れてあるザックの雨蓋ではないポケット内、
腕時計はなぜかザックの一番下に落ちているのを、帰宅後に発見した次第。あぁ、情けなや。

 ◆◆◆
てなワケで、2015年の月イチ山歩きは、コレにて終了。
大きなケガもなく、前年の鋸山のようなインチキ山歩きもなかったので、ひとまずメデタシメデタシです。

2015年 月イチ山歩きLIST
 2015.01 陣馬山・景信山
 2015.02 御前山
 2015.03 御前山・九鬼山
 2015.04 笹尾根
 2015.05 笠取山
 2015.06 笠取山
 2015.07 雲取山空木岳
 2015.08 剱岳
 2015.09 宮之浦岳
 2015.10 乾徳山笠取山
 2015.11 丸山
 2015.12 三頭山


by nandakadays | 2015-12-04 18:00 | TREKKING | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 雨のち強風 三頭山[2] >>