三頭山[1]

f0234982_9111856.jpg
December 1, 2015@武蔵五日市駅前バス乗り場



 ◆◆◆
本年最後の月イチ山歩きにやってきたのは、大岳山(1266m)御前山(1405m)と並ぶ
奥多摩三山のひとつで、10年ぶりの再訪となる三頭山(みとうさん:1531m)であります。
 ◇◇◇
その10年前の山歩きでは、妻と都民の森から三頭山を目指し、奥多摩湖へと下ったのですが、
意外に登りがしんどく感じたうえ、急傾斜の下りが想像以上にきつく、なんとか下りきったものの、
下山後の太腿痛がハンパでなく、その後しばらく、「イテテ」とうめきながら過ごした苦い記憶が。
 ◇◇◇
不摂生のまま三頭山を目指した10年前に比べ、少しは山歩きに慣れてきた今現在、
あのとんでもない下山路を歩いたらどう感じるかと思い、妻にも声をかけてみたところ、
「ノーサンキューです」とか小生意気なことを申しているので、今回は僕ひとりで向かうことに。
 ◇◇◇
で、こんなときに限って、腕時計をどこかに置き忘れてしまい、「マイッタな」とボヤきながら、
急行都民の森行きバス乗り場へ向かったところ、なんとこの日から運休との非情な貼り紙が!!

f0234982_9112518.jpg
仕方なく40分遅れの後続鈍行バスに乗り、やってきたのは都民の森よりかなり手前の数馬(かずま)集落。
出発が遅れたうえに、都民の森までは標高差300m、歩程60分の道のりのようです(泣)

f0234982_9113231.jpg
武蔵五日市駅からのバスは、年配の登山者でほぼ満席でしたが、全員が途中下車し、
僕と同じく運休を知らずに三頭山を目指していた女性も、仕方なく予定を変更したようで、
終着の数馬まで乗っていたのは僕のみ。しかも、ザックの雨蓋に入れておいた地図も見当たらず、
時計・地図ともバッテリーに不安のあるスマホ頼みという、大ポカの3連発なのであります。

f0234982_17252268.jpg
気分は凹みまくりですが、途中で見つけた案内板で、ひとまず今回のルートをご紹介。
 ◇◇◇
数馬からまずは標高1000mの都民の森へ向かい、その後10年前と同じ鞘口峠経由で三頭山へ。
さらに、例のとんでもない急傾斜のヌカザス尾根を標高差1000m下り、小河内神社を目指します。

f0234982_9114567.jpg
トボトボ車道を進みますが、「こんなとこ、歩く予定ではなかったんだけど」との思いが。

f0234982_9115292.jpg
追い討ちをかけるような看板の登場に、虚しさがいっそう増してきます。

f0234982_9115974.jpg
「車道の向こうに見える山がきれいだなぁ」と気持ちを切り替えようとしますが、
元来、僕はミスを引きずるネガティブな性格なので、なかなかうまくいきません。

f0234982_912534.jpg
しばらくすると、つづら折りの車道をショートカットする登山道の表示が。ここから一気にスピードアップです。

f0234982_912175.jpg
といっても、よほどのモノ好き以外に歩く人はないと見え、不明瞭な場所もチラホラ。

f0234982_9121139.jpg
時にはブッシュをかき分けたり、沢を飛び越えたりしていきます。

f0234982_9122481.jpg
一気に汗が噴き出してきた頃、ポンと車道に飛び出しました。

f0234982_9123187.jpg
もうひと踏ん張りすると、ようやく都民の森の入口に到着です。
数馬からCT60分のところを、気が急いていたので45分で登りきりました。
 ◇◇◇
すると駐車場の管理人と思しき人が、汗だくで下界から歩いてきた僕を見つけて近寄り、
「数馬から来たんでしょ。帰りのバスもありませんよ」と声をかけてきたので、
「奥多摩湖へ下りるんで大丈夫です」と返しましたが、運休初日だけに気になったのでしょう。

f0234982_9123825.jpg
当初の予定では午前9時30分に着いているはずでしたが、現在すでに1時間半遅れの11時。
日照時間の短い時期だけに、明るいうちに下山できるか、この先の行程が気にかかります。


by nandakadays | 2015-12-02 18:00 | TREKKING | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 三頭山[2] 2015閉幕 >>