乾徳山[3]

f0234982_18201278.jpg
背の高い樹木のない乾徳山山頂からは、まさしく360度の眺望が広がっていました。
南アルプス方面は、雲がかかってしまいましたが、国師ヶ岳から金峰山へと続く
奥秩父の主稜線がくっきりと浮かび上がり、五丈岩も左端にチョコンと見えています。



f0234982_18201921.jpg
お腹がすいたので、新顔のイージークックNS・ソロセットMを取り出し、調理開始です。
といっても、単に乾燥野菜を湯で戻し、棒ラーメンをグツグツするだけなのですが。

f0234982_18202647.jpg
お次は、鍋同様ノンスティック加工の蓋でスモーク・ソーセージをジュウジュウ。
必要最小限のセットながら、目論見どおり、なかなかの使い勝手のよさであります。

f0234982_18203334.jpg
依然変わらぬ富士山の眺めに立ち去り難い気分でしたが、好天とあって登山者が絶えず、
落ち着かないので、今回は転ばないよう注意しながら、山頂を辞することにしました。

f0234982_18203958.jpg
登りの際に苦労した岩場を慎重に下り、扇平に戻ってきました。ここでゆっくりすることにしましょう。

f0234982_1820479.jpg
早速お湯を沸かし、至福の珈琲ブレイクです。

f0234982_18205350.jpg
すっかりくつろいでいる我々の前を、何人もの登山者が下界へ向けて通り過ぎていきました。

f0234982_18205927.jpg
荷をまとめたものの、後ろ髪を引かれ、なかなか動くことができません。

f0234982_182167.jpg
ようやく重い腰を上げ、乾徳山に別れの挨拶をしてから、下山路の道満尾根へ。
思いのほか歩きにくい道でしたが、ケガもなく宿願のお礼詣り登山を終えることができました。【了】


by nandakadays | 2015-10-15 18:00 | TREKKING | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 鍋おろし 乾徳山[2] >>