笠取山[3]

f0234982_10312317.jpg
登山口からここまで、比較的ゆるやかな道が続いていましたが、
笠取山山頂へ向けては、ほぼ一直線のかなり急な登りが待ち構えておりました。



f0234982_10313250.jpg
テントを背負った屈強な若者も、強い陽射しを背に、さすがにしんどそうです。

f0234982_10313953.jpg
山頂直下、岩を乗り越えながら上へ。

f0234982_10314789.jpg
登り終え、汗を拭いながら振り返った先には、ゆったりとした光景が広がっていました。
 ◇◇◇
正面に見える乾徳山(けんとくさん:2031m)は、ちょうど4年前のGWに訪れた場所。
運動不足のまま頂に立った僕は、休憩後に歩き始めた途端、足がもつれて岩場の斜面を転がり落ち、
幸い昼食中の小グループの弁当の上に落ちて止まったものの、あわや骨折というケガを負うハメに…。
 ◇◇◇
このときの屈辱やら情けない思いをバネに、反省かたがたランニングを始めたのがきっかけで、
その後、思いがけずフルマラソンを走ったり、南北アルプスをテン泊縦走するようになったのだから、
いやはや何がどう転ぶのやら、人生ホントわからないモンです。

f0234982_10315588.jpg
なんて感慨に耽りながら、甲武信ヶ岳へと続く奥秩父の主脈をぼんやり眺めていると、
近くにいた登山者が、「ここは山頂ではないんですよ」とひとこと。えっ、そうなの?

f0234982_10321785.jpg
てなワケで、ゴツゴツした歩きにくい尾根をさらに数分歩くと、シャクナゲに囲まれた狭い笠取山山頂に到着です。

f0234982_10323696.jpg
下界から湧く雲で、富士山はそろそろ隠れてしまいそうでした。

f0234982_10324368.jpg
木々の間からは、乾徳山越しに南アルプスの3000m峰がずらり。
右から20代の頃歩いた北岳・間ノ岳・農鳥岳のいわゆる白峰三山、画面中央の突起が未踏の塩見岳、
さらに左には、昨秋訪ねた荒川岳、雲に隠れ気味の赤石岳、そして左端には聖岳がうっすら見えます。

f0234982_10325161.jpg
狭い山頂を辞し、眺めのいい笠取の肩まで戻って一服することに。
おにぎりを頬張りながら、「ぼんやりするにはいいところだなぁ、ココは」と何度もつぶやいておりました。


by nandakadays | 2015-05-06 18:00 | TREKKING | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 笠取山[4] 笠取山[2] >>