扇・百蔵[2]

f0234982_9304767.jpg
大久保のコルと名づけられた鞍部で稜線に飛び出ると、あとは山頂に向け、陽だまりのプロムナードをてくてく。



f0234982_9305497.jpg
鳥沢駅から歩き始めて2時間少々。明るく開けた扇山(おうぎやま:1138m)に到着です。

f0234982_931154.jpg
視界の先には、道志の山並みの向こうに、いいあんばいに雪と雲をまとった富士山が期待通りに鎮座しておりました。

f0234982_931880.jpg
足元には融けかけた霜柱がびっしり。朝方は相当冷え込んだのでしょう。

f0234982_9311542.jpg
昼食には早いのですが、おなかが空いてきたので、コンビニおにぎりをひとつだけペロリ。

f0234982_9312421.jpg
先を目指して、落ち葉に覆われた道を踏みしめていきます。

f0234982_9313349.jpg
急斜面にも落ち葉がてんこもりで、赤布(ピンクリボン?)がなければ、どこが登山道かもわからないほどです。

f0234982_931406.jpg
くるぶし近くまで落ち葉に埋もれながら、ガシガシと前へ前へ。

f0234982_9314872.jpg
木々の間から、ピラミダルな山容の百蔵山がチラチラ見えてきました。

f0234982_931557.jpg
伐採されたばかりの杉材もごろごろ転がっています。

f0234982_932254.jpg
病み上がりゆえ、腰や足の調子が悪くなったら、宮谷集落経由で下山するつもりでしたが、とりあえず大丈夫そうです。

f0234982_9321142.jpg
でもって、百蔵山山頂へ向け、かなりの急坂を一歩ずつ登っていきます。


by nandakadays | 2014-12-11 22:00 | TREKKING | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 扇・百蔵[3] 扇・百蔵[1] >>