房総めぐり [5]

f0234982_1124829.jpg
さて、外房めぐりを終え、内房へと入ってきました。
杉並区の提携民宿があった岩井海岸や、これまた杉並区の移動教室があった富津(ふっつ)など、
内房側には薄ーい縁があるのですが、それも40年近く前のこと。すっかり浦島太郎状態です。



f0234982_11241691.jpg
そんなこんなで全く土地勘がないので、途中で海産物や地元野菜を調達後、妻がスマホで調べた評判の食事処へ。

f0234982_11242394.jpg
バラックのような簡素な造りの店内は、平日にもかかわらず満席で、外には行列もできるほどの人気ぶりです。

f0234982_11243065.jpg
ほどなくして席に案内され、メニュー表をジロジロ。ネタ切れになると表示が消えるシステムのようですが、
気になるメニューが多すぎて、なかなか決めきれません。

f0234982_1124376.jpg
で、我々が注文したのがコチラ。
ばんや寿司1200円、寿司切り落としちらし丼800円、刺身6点盛1450円、つみれ汁300円×2。

f0234982_11244436.jpg
そんでもってイカかき揚げ600円!
大皿にかき揚げが4枚も載っているので、「こんなに注文してませんよ」と店員さんに伝えると、
「いえ、これで1人前です」だって。たしかにタマネギ多めだけど、ボリュームありすぎでしょ(笑)

f0234982_1517471.jpg
「房総最後の食事だし、がっつり食べるゾ」と意気込んでいた妻も、最後はギブアップ。
持ち帰り用のパックに詰め、お腹をさすりながら、スゴスゴ退散であります。
(肝心の味はそこそこでしたが、安さとボリュームの秘訣は、漁協直営にあったようです)

f0234982_11245058.jpg
そのまま帰宅するには少し早かったので、鋸山(のこぎりやま:329m)へ、腹ごなしがてら寄り道です。

f0234982_11245718.jpg
これまでは下とか対岸からしか見たことがありませんでしたが、東京湾を一望する絶景が広がっておりました。

f0234982_1125484.jpg
目を転じれば、洲崎からの曲がりくねった海岸線が一望のもと。ずいぶん走ってきたモンです。


by nandakadays | 2014-11-09 18:00 | JOURNEY | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 房総めぐり [6] 房総めぐり [4] >>