2013夏@雲ノ平[5]

f0234982_938278.jpg
雲ノ平山荘から15分ほど歩くと、祖父岳手前に、今宵の宿泊地である雲ノ平のテント場が見えてきました。



f0234982_938839.jpg
テントを張り終えたあとは、ザックを乾かしたり、夕食の準備をしたり。

f0234982_9381335.jpg
汗まみれの面々も、束の間の天日干し中です。

f0234982_9381819.jpg
雪解け水を引いただけのシンプルな水場ですが、美味くて豊富な水のありがたいことありがたいこと。

f0234982_9382397.jpg
そうこうしているうちに、テン場に夕暮れが迫ってきました。

f0234982_9382971.jpg
振り返ると、夕陽に照らされたお月さまがひょっこり。

f0234982_9383449.jpg
最後の一瞬まで惜しむかのように、太陽が稜線の向こうへと沈んでいきました。

f0234982_9383926.jpg
月の光が明るすぎて、満天の星空は拝めませんでしたが、まわりが早々に寝静まるなか、
月明かりに乗じて、しつこく芋焼酎お湯割りを啜っていたのは、案の定我々だけでした。


by nandakadays | 2013-08-26 12:00 | TREKKING | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 2013夏@雲ノ平[6] 2013夏@雲ノ平[4] >>