2013夏@雲ノ平[2]

f0234982_17474832.jpg
さてさて、ここで今回の予定ルートのご紹介なんぞを。
 ◆◆◆
折立から太郎平を目指し、まずは薬師峠で1泊。翌日は薬師沢出合を経て、いよいよ雲ノ平へ。
3日目は雲ノ平から折り返し、往路と同じルートをたどって薬師峠へ戻るつもりですが、
体力や天候をにらみながら、さらに進めそうであれば、黒部川源流域を経て黒部五郎岳を目指し、
時計回りにぐるりと1周して4日目に薬師峠へ。そして最終日、折立へ下山という行程です。



f0234982_17354717.jpg
で、歩き始めた途端、なかなかの急登が次々に登場。荷の重さに慣れない体にはこたえマス。

f0234982_17355193.jpg
噴き出す汗を拭いながら、ようやく樹林帯を抜けると、三角点のある広場に到着。
お盆休み後半の土曜日とあって、下山者も含め、そこそこのにぎわいです。

f0234982_17355665.jpg
あたりの景色もグンと開け、剱岳(2999m)立山(3015m)が視界に飛び込んできました。

f0234982_1736116.jpg
さらにひと頑張りして、五光岩ベンチでひと休み。
青空のもと、薬師岳(2926m)が堂々とした稜線を浮かび上がらせています。

f0234982_1736651.jpg
整備されたゆるやかな登山道の先に、太郎平(2330m)が見えてきました。
とはいえ、折立から太郎平までは8kmの上り勾配(標高差は約1000m)。
ボディブローのように足が重くなりはじめ、思うようには前へ進んでくれません。

f0234982_17361123.jpg
ちょっとショボクレ気味ですが、ニッコウキスゲの群落もチラホラ。

f0234982_17361669.jpg
太郎平から先は、薬師岳を正面に見据えながら稜線上の道をトコトコ。

f0234982_17362345.jpg
ほどなくして、眼下に見えてきたのは薬師峠のテン場です。

f0234982_17362961.jpg
サイトはそこそこ埋まっていましたが、雲ノ平の台地や水晶岳(2986m)を見通せる一角を確保です。

f0234982_17363687.jpg
ひと息ついてから夕餉の準備を。ズッキーニを塩コショウでジュージューしたり。

f0234982_17364255.jpg
シーチキン&ニンニクの芽入りポテトサラダに、本日のメイン・親子丼も登場です。

f0234982_17364953.jpg
ま、何はともあれ、無難に初日を乗りきったようでして、テントに寝転びながら、ホッとひと息であります。


by nandakadays | 2013-08-23 23:00 | TREKKING | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 2013夏@雲ノ平[3] 2013夏@雲ノ平[1] >>