夏がくれば 2013[3]

f0234982_8455843.jpg
ほろ酔い気分のまま、至仏山が見守る尾瀬ヶ原へ。



f0234982_846413.jpg
振り返ると、燧ヶ岳もすっきりとした表情で鎮座しておりました。

f0234982_846101.jpg
皆さん、思い思いにこの風景を愉しんでいるようです。

f0234982_8461614.jpg
ひとしきり堪能してから、ひとまずテン場に戻り、コーヒーで一服。

f0234982_8462264.jpg
ご飯もうまく炊けましたよー。
(帰京翌日の飲み会の席で、「今どき生米持っていく人は珍しい」と笑われましたが…)

f0234982_8462966.jpg
早めに夕飯を済ませ、陽の暮れかかった尾瀬ヶ原へ再び。

f0234982_846343.jpg
刻一刻と変わっていく様子が、なんとも名残惜しく。

f0234982_8463913.jpg
夕食を終えた山小屋泊の方たちも、食後の散歩に出てきました。

f0234982_8464551.jpg
どことなく中途半端な夕焼けですが、明日の好天を祈りつつ、早々に寝床へ。
…なんてワケはなく、その後は焼酎お湯割りで、しばし2次会を愉しんでおりました。


by nandakadays | 2013-07-24 12:00 | TREKKING | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 夏がくれば 2013[4] 夏がくれば 2013[2] >>