廻り目TIME[2]

f0234982_9354194.jpg
勤務校での運動会代休を含め、妻が2日(日)・3日(月)と平日絡みの連休が取れたので、
昨年の奥利根いで湯腑抜け旅から一転、今年はストイック(?)に山を目指すことに。
  ◇◇◇
今回の趣旨は、新顔TANI 2Pの使い勝手+昨秋に捻挫した妻の足首の快復具合の確認でして、
当初はキャンプ道具一式を担いでの山歩きを考えていたのですが、モロモロ不安要素も残るので、
登山口まで車で行ける、標高1500m余のコチラ@長野県南佐久郡川上村へといそいそ。

f0234982_9355199.jpg
May 4, 1992

 ◇◇◇
ずいぶん古い話で恐縮ですが、どういう経緯だったか、
奥秩父の名峰・金峰山を目指そうと、当時住んでいた東京都練馬区のアパートを出発。
愛車TDR250にまたがって秩父を抜け、ひどいダートの中津川林道で半ベソかきつつ、
登山のベースとなる廻り目平キャンプ場へたどり着いてから、早や21年が経過しました。
 ◇◇◇
GWとあってそこそこ混んでいたのか、敷地の広さのわりには平らなサイトが少なく、
小雪の舞うなか、テント設営に苦労した覚えだけは、おぼろげながらあるのですが、
どんなテン場だったか、ほとんど記憶にないのが、ホント情けない限りでありまして。

f0234982_936082.jpg
で、21年前にテントを張ったと思しき白樺に囲まれた林間サイトもありましたが、
今回は山並みを前にした、明るいサイトの片隅に、TANI 2Pを初投入であります。

f0234982_936987.jpg
花崗岩でできた峰々に囲まれた廻り目平は、ロッククライミングの超人気スポットですが、
腕力がからっきしなく、加えて高所恐怖症の僕にとっては、おそらく今後も無縁の世界かと。
とはいえ、せっかくここまで来たので、テントからの目線はそそり立つ岩峰に決めました。

f0234982_9361776.jpg
以前は存在すら気にも留めておりませんでしたが、サイトのそばには見事な渓谷もあったりして。

f0234982_936248.jpg
雨粒がポツポツ落ちてきたので、登山道具としては反則技ですが、やむなくタープを追加投入です。
(幸いひどいことにはならず、雨はすぐに止んでくれました)

f0234982_9363037.jpg
そろそろ夕餉の準備を―。考えてみたら、コッフェルでお米を炊くのも久しぶりであります。

f0234982_9363815.jpg
寒い夜に備えて、温かいおでんをもぐもぐ。

f0234982_9364437.jpg
寒い夜に備えて、内燃エンジン用液体燃料も補給です。

f0234982_9365251.jpg
寒い夜に備えて、遠赤外線も取り込もうかと。

f0234982_9365934.jpg
いったい何をしにきたのか、次第に趣旨があいまいになってきましたが、
得がたき山の夜は、こうして静かに更けていったのでありました。


by nandakadays | 2013-06-04 18:00 | TREKKING | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 廻り目TIME[3] 廻り目TIME[1] >>