2012秋@双六闊歩[4]

f0234982_1539865.jpg
at 10:00 a.m. on October 5, 2012@双六岳稜線

f0234982_15391494.jpg
登山者にビビることもなく、あちこちでハイマツの実を突っつくホシガラスを愛でながら、
双六池を見下ろすと、先ほど越えてきた稜線の先に、いつのまにやら穂高オールスターズが!
左から北穂高岳(3106m)、涸沢岳(3110m)、奥穂高岳(3190m)、ジャンダルム(3163m)
そして少し下がって右端に位置するのが西穂高岳(2909m)といった錚々たる面々であります。

f0234982_15392077.jpg
双六岳を迂回する巻道は後ほど通ることとし、まずは山頂へと向かいます。

f0234982_15392739.jpg
双六岳中腹に設けられた中道との分岐もスルーして、さらに上へ。

f0234982_15393372.jpg
徐々に高度を稼ぐと、樅沢岳の先に、槍ヶ岳がくっきりと浮かび上がっておりました。

f0234982_15393995.jpg
なだらかな頂上へ向けて、広々とした台地を一歩ずつ歩んでいきます。

f0234982_15394686.jpg
南に目をやれば、笠ヶ岳(2898m)も遠くからコチラを見ていました。

f0234982_15395244.jpg
来た道を振り返ると、まるで槍ヶ岳が見守ってくれているかのようです。

f0234982_1540552.jpg
そうこうしているうちに双六岳(2860m)の山頂に到着。前方には黒部五郎岳(2840m)が堂々と横たわっておりました。


by nandakadays | 2012-10-11 12:00 | TREKKING | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 2012秋@双六闊歩[5] 2012秋@双六闊歩[3] >>