2012秋@双六闊歩[3]

f0234982_8371587.jpg
at 7:00 a.m. on October 5, 2012@鏡平山荘周辺

f0234982_8372868.jpg
深夜に山荘の前から仰ぎ見た槍・穂は、月明かりに照らされて稜線を浮かび上がらせていましたが、
朝、目を覚ましてみるとあいにくの霧雨。これだから山の天気は油断なりません。

f0234982_8373633.jpg
弱雨に見舞われながら、笠ヶ岳へと続く稜線上の分岐(弓折乗越)に到着するも、視界は一向に回復せず…。

f0234982_837446.jpg
依然として厚い雲が消えないものの、少しずつ光が射してきて、なんとなくブロッケンでも出そうな雰囲気です。

f0234982_837517.jpg
と思っていたら、一気に青空が! ブロッケンには出合えませんでしたが、まずはひと安心であります。

f0234982_8375821.jpg
太陽に照らされたダケカンバの黄色い葉とハイマツの緑のコントラストが鮮やかですなぁ。

f0234982_838445.jpg
視界が開けると、前方の鞍部に双六小屋が見えてきました。

f0234982_8381095.jpg
雲が切れるのを待っていたのか、荷揚げ用のヘリも登場です。

f0234982_8381760.jpg
双六小屋の真正面には、どっしりとした山容の鷲羽岳(2924m)が鎮座しておりました。
まだ午前9時過ぎなので小屋には立ち寄らず、一服してから双六岳を目指して歩き続けます。


by nandakadays | 2012-10-10 12:00 | TREKKING | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 2012秋@双六闊歩[4] 2012秋@双六闊歩[2] >>