ぐるり北アルプス[9]

f0234982_8314482.jpg
August 21, 2012

 ◆◆◆
本来は旅の最初に訪れる予定だった奥飛彈・新穂高温泉へようやくたどり着きました。
 ◇◇◇
高山から奥飛彈の玄関口・平湯温泉まで高度を稼ぐと、いきなり前方に穂高の稜線がくっきり。
ここへ来る前は、「曇がかかっていたら、温泉だけ浸かって退散しよっ」と考えていましたが、
このまま素通りするのももったいないので、新穂高ロープウェイに乗り込み、上を目指すことに。
(それにしても、トロッコ電車といい、アルペンルートのケーブルカー&バスといい、
このロープウェイといい、どれもこれも運賃高すぎて、目が白黒しておりました…とほほ)

f0234982_8315260.jpg
雲がやや増えつつありましたが、一気に眺望が開け、槍ヶ岳や西鎌尾根が視界に飛び込んできました。ヤッホー

f0234982_8322100.jpg
そうこうしているうちに、ロープウェイは標高2156mの西穂高口に到着です。

f0234982_832817.jpg
立派な双眼鏡で覗いているのは槍の穂先のよう。僕らも負けじと持参のミニ双眼鏡で飽きずに稜線を眺めておりました。

f0234982_832155.jpg
簡単に来られるだけに、かなり軽装のカップルもいたりして…。
「立ち入らないで」と書いてあるにもかかわらず、このあと西穂山荘目指して歩きだしちゃいました。あーあ。

f0234982_832211.jpg
気づけば、涸沢側から湧きだした雲が大キレットあたりから稜線を乗り越え、滝谷側へ下り始めてきました。

f0234982_8322726.jpg
稜線が隠れてしまい、雨もポツポツ降りだしてきたので、そろそろおいとまです(この直後、叩きつけるようなどしゃ降りに)。

f0234982_8323421.jpg
ひと雨やり過ごしてから、川沿いの公共露天風呂でのほほーん。
絶妙のぬる湯に、手足の先がフニャフニャになるまで腑抜けてまいりました。

 ◆◆◆
その気になれば、もう1日滞在できたので、上高地や乗鞍、安曇野、美ヶ原あたりで、
ウダウダしようかとも考えましたが、あまり欲張るとロクなことがないので、今回はこの辺で。
 ◇◇◇
槍穂、立山、後立山といった山々に近づくことができ、久しぶりに山の「気」をいただいた気分ですが、
すっかり山心をくすぐられ、今度は山のまわりではなく、懐に飛び込みたくなってしまいました。【了】


by nandakadays | 2012-08-31 18:00 | JOURNEY | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 防災訓練 ぐるり北アルプス[8] >>