夏がくれば[2]

f0234982_10155320.jpg
標高2000mを超え、スプーンカットの雪渓登場!




f0234982_2316374.jpg
次第に息も上がりつつありましたが…。

f0234982_23164882.jpg
まずは双耳峰の一つ、俎嵓(まないたぐら:2346m)に到着。
先に見える片割れの柴安嵓(しばやすぐら:2356m)まで、あとひと息!!

f0234982_23165844.jpg
続いて柴安嵓から俎嵓を望んで、無事燧ヶ岳制覇デス。

f0234982_1016229.jpg
燧と並ぶ尾瀬のシンボル・至仏山(しぶつさん:2228m)は雲に隠れていましたが、
柴安嵓からは、眼下に広がる雄大な尾瀬ヶ原を一望できました。

f0234982_23171840.jpg
目を転じれば、これから向かう尾瀬沼がのほほ~んと広がっています。

紫外線がかなり強いようで、早くも両腕がピリピリしてきました。


by nandakadays | 2011-07-17 14:00 | TREKKING | Comments(2)
Commented by masashiw2 at 2011-07-17 15:14
お疲れさまです。普段のおこないがよろしいようで、
好天に恵まれましたね。尾瀬沼がこんな風に見えるのですね。
ワタスゲの木道も美しいです。
Commented by nandakadays at 2011-07-17 17:14
山ヤの方からすれば、燧は散歩程度の山なのでしょうが、
不思議と縁がなかっただけに、ようやく念願が叶った気分です。
青空が広がったのは午前中の早い時間帯のみで、概して雲の多い一日でしたが、
ともあれ雲上でのひとときを味わうことができ、結構満足しております。
名前
URL
削除用パスワード
<< 夏がくれば[3] 夏がくれば[1] >>