谷あり山あり[2]

f0234982_8202857.jpg


f0234982_8204494.jpg


f0234982_8205226.jpg


f0234982_821161.jpg


f0234982_821992.jpg


f0234982_821179.jpg


f0234982_8212564.jpg
April 30, 2011@乾徳山(2031m)
 ◇◇◇
早朝よく見えた富士山は、残念ながら春霞に隠れてしまいましたが、
山頂からは2年前の春に登った金峰山の五丈岩がくっきり。
アチラは、稜線上にまだまだ多くの雪が残っているようでした。

f0234982_8213293.jpg
下山後、人気のほったらかし温泉へ初潜入。
ウワサに違わぬ比類なき大眺望+ツルツルのぬる湯に、ン~満足!

乾徳山の狭い山頂で昼食を済ませ、さぁ下山!と立ちあがったとたん、
 迂闊にもつまずき、尖った岩だらけの山頂でゴロゴロと大転倒。
  ◇◇◇
 太ももを思いっきり強打し、両腕両膝も擦りむく始末で、もぉ痛いのなんの(涙)。
 周囲の冷ややかな視線を浴びつつ、足を引きずりながらどうにか下山しました。
 あぁ情けない…とほほ。


by nandakadays | 2011-05-02 09:00 | TREKKING | Comments(4)
Commented by masashiw2 at 2011-05-03 16:46
西沢渓谷から乾徳山に転戦、ご苦労様です。
山行の後のツルツルぬる湯、いいですね。
信玄の隠し湯系は、生傷にやさしいみたいですが、効き目はいかに?
Commented by nandakadays at 2011-05-03 18:16
いやはや、どこかしら骨折しても不思議でないほどのコケっぷりでしたが、
隠し湯の効能?か、どうにか半人前まで歩けるくらい回復しました。
Commented by M.K at 2011-05-06 12:11 x
それほどのコケっぷりにも関わらず、骨折しなかった自分を褒めましょうよ!さすが、俺って俊敏だぜ、って、わたしはこの前コケたとき、そう思うようにしました(笑)

ぜんぜん関係ない話ですが、遅塚さんて受講されましたか?
昨秋、亡くなったらしいですね・・・わたしは全然知らず、つい最近、この話を知りました。まだまだご活躍でしたのに、残念です。
Commented by nandakadays at 2011-05-06 17:22
貴殿もご承知のとおり、コケまくり人生なもんで、
どうやらこの程度の転倒では、くたばらないようです(笑)
 ◇◇◇
遅塚忠躬先生ですね、受講してましたよ。講義内容は失念しましたが、
ソネさんという上級生が、遅塚先生のマネをしていたのを覚えています。
新聞に訃報が載っていたので、1月のTsun×2の集いでも話題になりました。
名前
URL
削除用パスワード
<< 新緑Lunch 谷あり山あり[1] >>