2011春@奥利根[3]

f0234982_17542491.jpg


f0234982_17442640.jpg


f0234982_17443436.jpg
結局、小さな温泉民宿(全5室)の宿泊客は、最初から最後まで我々のみ。
聞けば、被災地から遠く離れたこの山奥でも、キャンセルが相次いでいるとか。
 ◇◇◇
おかげでというのも不謹慎ですが、今回も好きなときに好きなだけ極上の湯に浸かり、
あとは本を読んだり昼寝したり酒を飲んだりと、徹底的に腑抜けることと相成り―。
 ◇◇◇
で、最終日となる3日目も快晴。
燧と対峙する尾瀬の名峰・至仏山に見送られながら、湯の小屋をあとに。

f0234982_17444245.jpg
f0234982_17445239.jpg
f0234982_1745294.jpg
ヒヤヒヤもんだった往路とは一転、道路の雪もかなり消えたので、
自称「天下一の大露天風呂」が自慢の宝川温泉へ立ち寄り湯。
 ◇◇◇
どうにも冴えない珍妙な宿泊棟はともかく、湯量豊富な露天風呂は圧巻のスケール。
しかも、入浴客は我々も含めてわずか数人…。
オマケにしては申し訳ないほど、ぜいたくな湯浴みタイムを、しばし愉しむことに。

f0234982_2054482.jpg


f0234982_17451781.jpg


f0234982_17452489.jpg


f0234982_17453273.jpgそのまま帰途に就くつもりでしたが、
チラリと見えた谷川岳が気になり、
とりあえず近くまで行くだけのハズが、
勢いでロープウェイに乗ってしまい…。
(節電中ゆえ通常の1/3で減速運転してました)
 ◇◇◇
気づけば山腹の天神平に降り立ち、
急峻な山肌を間近に仰ぎ見たり、
くつろぐニホンカモシカを発見したり。
…いったい何やってんだか(汗)

無事帰宅後、一気に荷物を片づけてから、近所の居酒屋「闇太郎」へ直行!
 もしかすると、晴れ舞台では最後かもしれない貴重なカズダンス070.gifを、
 闇さんと一緒に、リアルタイムで歓びあうことができました。んー感激(涙)!!


by nandakadays | 2011-03-31 20:00 | JOURNEY | Comments(2)
Commented by MORIHANA at 2011-04-01 09:31 x
King Kazu!! いくつになっても、どこまでも正しくKingでした。
ああいう人を、もっている男…って言うんでしょうね。
あのイタリアの小マフィアみたいな私服だけは、いただけませんが。
でも、それも含めて、やっぱりKing?! 笑

名残雪を満喫した湯旅でしたね。江戸に戻れば、桜が開花。
なんとも、贅沢ではありませんか。うらやましぃ。
Commented by nandakadays at 2011-04-01 10:05
ですね、大アッパレ!といったとこでしょうか(笑)
気づけば下界はすっかり春の装いです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 朝の点景 April 1, 2011 2011春@奥利根[2] >>